京セラ、独自設計の刃先形状で加工時の振動を抑制する極小径高送りカッタ

 

京セラは3月23日、金属部品の加工に使用するフライス工具の新製品として、極小径高送りカッタ「MFH Micro」を4月1日に発売すると発表した。

同製品は新開発のチップと、チップを固定する専用ホルダで構成される刃先交換型の高送りカッタで、独自設計の刃先形状により、加工時の衝撃や振動を抑制し、高能率化と製品の小型化を実現した。加工径は8~16mm。

価格(税別)はホルダ(10型番)が1万8500円~3万5200円で、チップ(3型番)が800円。京セラは年間1億円の販売を目指すとしている。

極小径高送りカッタ「MFH Micro」



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (10) 関数の定義方法
[07:30 9/26] 企業IT
松坂屋上野店で秋の行楽グルメフェア--魚屋の"おにぎらず"や浅草今半弁当も
[07:30 9/26] 趣味
東京都内をアートで埋め尽くす! 街がギャラリーになるアートと音楽の祭典
[07:30 9/26] 趣味
ブラッド・ピット、長男と大げんか - アンジーが離婚決断する原因に?
[07:18 9/26] エンタメ
“M字開脚”インリンは今…『深イイ話』で密着取材
[06:00 9/26] エンタメ