ANAシステム障害が完全復旧、23日は2便欠航・遅延なし/22日は7万人に影響

 

ANAは3月22日8時20分頃に発生した国内線予約システム「エイブル」の不具合について、23日4時頃にシステムが完全復旧したことを明らかにした。この影響により、22日には欠航146便で約1万8,200人に、遅延391便で約5万3,700人に影響が出ており、23日9時現在は欠航2便があるものの遅延は生じていない。

ANAの広報によると、22日8時20分頃までにシステムを構成する4台のサーバーが段階的に停止し、空港の搭乗システムは同日の11時30分に復旧したものの、予約販売システムは23日4時頃まで復旧できない状況が続いていた。なお、最後まで障害が出ていたのは、オフィシャルサイトや旅行会社のサイトなどへの記載に関する不具合だという。

23日は機材繰りのため、NH672便(広島発/羽田着)とNH1822便(松山発/中部着)の2便の欠航を22日の段階で決定していたが、それ以外の国内線は通常運航となっている。エイブルの不具合はこれまでも何度か生じており、2月24日にも30分弱、一時停止することは起きていたが、その影響による遅延などは発生していなかったという。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

実中研と慶大、ゲノム編集で先天性免疫不全の霊長類を作製することに成功
[15:14 7/1] テクノロジー
7月放送開始の『ウルトラマンオーブ』、早くもBlu-ray BOXの発売が決定
[15:04 7/1] ホビー
【連載】夫婦のLINE 第92回 お言葉ですが閣下
[15:00 7/1] ライフスタイル
ソニー銀行で円定期特別金利引き上げなど夏の特別企画
[14:57 7/1] マネー
中堅・中小企業にもO2Oが容易に構築できるようになった「AppGoose」
[14:53 7/1] 企業IT