ファンキー加藤、プロ野球中継のテーマ曲担当「前向きな言葉を詰め込んだ」

 

TBS系プロ野球中継『SAMURAI BASEBALL』の新テーマ曲が、元FUNKY MONKEY BABYS・ファンキー加藤の「勇者のうた」に決定したことが22日、わかった。

『SAMURAI BASEBALL』のテーマ曲を担当するファンキー加藤

ファンキー加藤は、自身もスタジアムに足を運ぶなど、大のプロ野球ファン。2014年の日本シリーズでは、楽天・田中将大投手(現ヤンキース)の日本ラスト登板時に、ファンが「あとひとつ」(FUNKY MONKEY BABYS)を大合唱するなど、これまでもその歌声がプロ野球界の盛り上がりに貢献してきた。

そんな加藤が、『SAMURAI BASEBALL』のために書き下ろした「勇者のうた」は、聴くだけで勇気が湧き出てくるような楽曲。情熱的なメロディーに、「戦えよ勇者この現実(せかい)の先に新しい何かが待っている」「誰かが決めた限界なんて この手で打ち破れ」といった力強い歌詞が乗った前向きな楽曲となっている。

加藤は「たくさんの前向きな言葉たちを詰め込んだ楽曲ができました」とコメント。「『あとひとつ』のように多くの人に愛される楽曲になってほしいと願っています。みなさん、ぜひとも聴いてみてください」と呼びかけている。

チーフディレクターの広瀬茂太は「プロ野球で戦う"SAMURAI"たちの応援歌を、加藤さんのメッセージ性にあふれた歌詞と力強い楽曲で ぜひ作ってもらいたいと思いました」と説明。「『勇者のうた』に乗せて、プロ野球中継が一人でも多くの視聴者の方々に届いてくれるよう願っています」と期待している。

(C)TBS

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

次期Android Nの名称はヌガーに、「ねるねるねるね」落選
[20:40 7/1] パソコン
ASUS、独自の3連ファンを採用したGeForce GTX 1080搭載カード
[20:32 7/1] パソコン
【レポート】バーガーラブが止まらない! マックが打ち出す"日米の味"
[20:01 7/1] 経営・ビジネス
[島崎遥香]女優業が好調 目標は「岩井俊二作品に出ること」
[19:56 7/1] エンタメ
ドスパラ、FF14推奨PCにGeForce GTX 1080搭載のハイエンドモデル
[19:55 7/1] パソコン

本音ランキング