昨季王者の広島に痛手…定位置確保のDF佐々木翔が右ひざ負傷で手術へ

  [2016/03/22]

大宮戦で負傷し倒れこむ広島DF佐々木翔(右下) [写真]=Getty Images

 サンフレッチェ広島は22日、DF佐々木翔が右ひざ前十字じん帯断裂と診断されたことを発表した。

 佐々木は20日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第4節の大宮アルディージャ戦で先発出場。だが、5-1で今季初勝利目前だった後半アディショナルタイムの93分、相手選手からタックルを受けて負傷し、担架で運び出されていた。

 今季、同選手は大宮戦を含むJ1全4試合に3バックの左で先発出場し、昨季主に同ポジションでプレーしていたDF水本裕貴から定位置を奪取。16日に行われたAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節のブリーラム・ユナイテッド(タイ)戦では、佐々木が3バックの左に入り、水本が右に回っていた。

 なお、同選手の離脱期間は手術後に発表される。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

NXP、コネクテッド・カー向け小型パッケージ・パワーMOSFETの新ライン
[14:55 5/31] テクノロジー
【ハウツー】新聞紙で拭けばスマホがピカピカになる!? - いまさら聞けないAndroidのなぜ
[14:52 5/31] 携帯
大野智、時代劇初主演で忍びに! 「社長役から忍者役で新しい自分出したい」
[14:21 5/31] エンタメ
魚の求愛行動を促進するフェロモン「PGF2α」の受容体を発見 - 理研など
[14:12 5/31] テクノロジー
【特別企画】韓国情報保護学会において優秀企業代表表彰を受賞 - ペンタセキュリティ
[14:04 5/31] 企業IT