昨季王者の広島に痛手…定位置確保のDF佐々木翔が右ひざ負傷で手術へ

 

大宮戦で負傷し倒れこむ広島DF佐々木翔(右下) [写真]=Getty Images

 サンフレッチェ広島は22日、DF佐々木翔が右ひざ前十字じん帯断裂と診断されたことを発表した。

 佐々木は20日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第4節の大宮アルディージャ戦で先発出場。だが、5-1で今季初勝利目前だった後半アディショナルタイムの93分、相手選手からタックルを受けて負傷し、担架で運び出されていた。

 今季、同選手は大宮戦を含むJ1全4試合に3バックの左で先発出場し、昨季主に同ポジションでプレーしていたDF水本裕貴から定位置を奪取。16日に行われたAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節のブリーラム・ユナイテッド(タイ)戦では、佐々木が3バックの左に入り、水本が右に回っていた。

 なお、同選手の離脱期間は手術後に発表される。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】経済ニュースを読む前に 第7回 お金は「幽霊」?
[07:30 6/27] マネー
【連載】銀行員は見た! 第55回 15時キッカリの恐怖……
[07:30 6/27] マネー
【連載】1コマ漫画 ホモサピエンス取扱説明書 第695回 ネコ睡眠とノンネコ睡眠
[07:30 6/27] 趣味
[乃木坂46]セカンド写真集が8月発売 海外で初撮り下ろし
[07:00 6/27] エンタメ
【連載】1コマ漫画 猫にありがちなこと 第997回 一夜にして白髪が増えたなって思ったら
[07:00 6/27] 趣味