SUSE、Cephベースの「SUSE Enterprise Storage 2.1」を提供開始

 

SUSEは3月15日(ドイツ時間)、エンタープライズ顧客向けに「SUSE Enterprise Storage 2.1」の提供開始を発表した。

同製品は、SUSE Linux Enterprise 12 Service Pack 1をベースとし、自己管理機能と自己修復機能を備える同社のソフトウェアベースの分散ストレージ・ソリューションの最新版。SUSE Enterprise Storage 2.1はCephベースのソリューションとして異種OSサポートを実現し、顧客はソフトウェア定義型ストレージを低コストで導入が可能となる。

SUSEとHewlett Packard Enterprise(HPE)は、HPEシステムの顧客がSUSE Enterprise Storage 2.1をシンプルかつ効果的に実装できるようSDS(Software Defined Storage:ソフトウェア定義型ストレージ)の導入の指針となる参照アーキテクチャを開発している。

また、SUSE Enterprise StorageがバンドルされたHPEのApollo 4000シリーズのストレージサーバは、コスト効率を向上したオープンソースベースのSDSとして、PB規模のストレージのコスト削減に必要となる柔軟性、回復力、価格性能比をユーザーにもたらという。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】「タコ」は海峡を越えられるか!? 銀だこの中東戦略
[15:56 6/30] 経営・ビジネス
アーク、AMD Radeon RX480を搭載するゲーミングPC3とBTOオプション追加
[15:53 6/30] パソコン
レオパレス21、全国の物件にAndroid TV対応STB「Life Stick」を標準設備
[15:46 6/30] 家電
「フラット35」利用者の平均年齢は39.8歳に - 5年ぶり低下
[15:35 6/30] マネー
ボンバルディア、Cシリーズ初号機をスイスインターナショナルに納入
[15:33 6/30] 趣味