SUSE、Cephベースの「SUSE Enterprise Storage 2.1」を提供開始

 

SUSEは3月15日(ドイツ時間)、エンタープライズ顧客向けに「SUSE Enterprise Storage 2.1」の提供開始を発表した。

同製品は、SUSE Linux Enterprise 12 Service Pack 1をベースとし、自己管理機能と自己修復機能を備える同社のソフトウェアベースの分散ストレージ・ソリューションの最新版。SUSE Enterprise Storage 2.1はCephベースのソリューションとして異種OSサポートを実現し、顧客はソフトウェア定義型ストレージを低コストで導入が可能となる。

SUSEとHewlett Packard Enterprise(HPE)は、HPEシステムの顧客がSUSE Enterprise Storage 2.1をシンプルかつ効果的に実装できるようSDS(Software Defined Storage:ソフトウェア定義型ストレージ)の導入の指針となる参照アーキテクチャを開発している。

また、SUSE Enterprise StorageがバンドルされたHPEのApollo 4000シリーズのストレージサーバは、コスト効率を向上したオープンソースベースのSDSとして、PB規模のストレージのコスト削減に必要となる柔軟性、回復力、価格性能比をユーザーにもたらという。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー
みなさんメガネ男子は好きですか?『おそ松さん』が一番くじでメガネ姿を披露
[20:00 7/23] ホビー
[真田丸]片岡愛之助が吉継ゆかりの地・敦賀に 「愛されている」と実感
[19:55 7/23] エンタメ
[HKT48兒玉遥]初のソロ会見に「緊張」 天然発言も
[19:55 7/23] エンタメ