OBC、営業の見込み管理に特化した「OMSS+ Sales Scope」を発売

 

オービックビジネスコンサルタント(OBC)は3月22日、営業の見込み状況を見える化するクラウドサービス「OMSS+ Sales Scope(セールススコープ)」を、3月23日から販売パートナーを通じて販売することを発表した。

同サービスは、さまざまなデバイスから、誰に・何を・いつ・いくらで受注予定か、といった必要最低限の情報を数タッチの操作で入力できるようになっている。見込み情報は案件情報の受注・売上・回収のステータスを切り替えるだけで更新することが可能。受注・売上・回収の見込み金額については、目標ラインやランク別グラフで表示されるため、予算に対する見込み予測も確認することができる。また、個人別の見込みランキングも参照でき、その画面から取引明細へのドリルダウンも可能となっている。

「OMSS+ Sales Scope」の画面イメージ

営業責任者は、営業担当者別に1カ月間未更新となっている案件数や受注日を先延ばししている案件数などの更新状況を参照でき、さらには取引明細へドリルダウンして明細ごとの更新日付を確認できるようになっている。また、受注日の近い案件や、受注・売上・回収予定日が過ぎている案件はアラート案件として表示され、いつでも見込みの更新状況や案件状況を把握することが可能。これにより、案件の変化にすぐ気づくことができ、営業担当者に対して目標達成のためのアドバイスや指示が迅速に行えるようになる。

更新状況の変化を確認することも可能

同社の販売管理システム「商奉行」とCSVデータによるマスタ連携(商品・商品区分・得意先・担当者・部門・部門グループ)も可能となっており、導入時や日次で連携することによって、マスタ入力・メンテナンスの手間を削減することも可能となる。また、営業担当者が受注ステータスに変更した見込み案件を出力し、「商奉行」にインポートもできるため、管理部門での受注伝票への入力の手間も省略できるという。「商奉行」とのマスタ連携・受注連携対応は、5月以降が予定されている。

同サービスは10ユーザ単位での提供となり、「商奉行」を利用している場合(商奉行i/V ERP以降のシリーズで、OMSSに加入)は、年間利用料が4万8,000円~(10ユーザ~)。「商奉行」を利用していない場合は、9万6,000円~(10ユーザ~)。なお、奉行シリーズの利用に関わらず使用できるサービスとなっており、5ユーザまでは無料で提供される。

また、スマートフォン向けアプリへの対応は、6月以降の予定となっている。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

日産「セレナ」発売1カ月で2万台受注 - 購入者の7割「プロパイロット」装着
[17:35 9/28] ホビー
山崎賢人・神木隆之介ら豪華俳優陣、『ジョジョ』実写映画の役作り語る
[17:32 9/28] エンタメ
ON Semi、家電冷却ファン向けモータドライバーの新製品
[17:32 9/28] テクノロジー
Parrot、自動操縦機能が充実した固定翼タイプのドローン「Parrot Disco」
[17:29 9/28] スマホとデジタル家電
東宝、業績予想を上方修正 - 『シン・ゴジラ』『君の名は。』ヒットで
[17:21 9/28] マネー

求人情報