ANA、システム障害で116便欠航・1万5,200人に影響--"エイブル"運用の他社も

 

ANAは3月22日の8時20分、国内線予約システム「エイブル」の不具合により、国内線においてインターネットの予約・解約機能が利用できない状況になっていることを発表。同日の13時40分現在、国内線で116便が欠航し、1万5,200人に影響が出ている。

ANAの広報によると14時40分現在、空港の搭乗システム自体は復旧し、部分的に欠航・遅延しながら運航しているが、羽田発着便を中心に国内線116便が欠航となっている(13時40分現在の数値)。なお、予約販売システムについては現在も復旧されていないという。

エイブルはANAのほか、スターフライヤーやエア・ドゥ、ソラシドエア、アイベックスエアラインズも運用しており、同様に弊害が生じている。スターフライヤーでもANAとほぼ同じ時間帯にシステム障害が発生し、14時50分現在、10便程度欠航・1,000人程度に影響が出ている。現在は搭乗システム自体は復旧しているが、予約販売システムに関してはクレジットカードが使えないなどの不具合が生じている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

https://news.mynavi.jp/itsearch/article/devsoft/1755
[10:30 8/24] 企業IT
AIで働き方改革!面倒な手書き文書をデータ化する「AI inside」
[10:27 8/24] 企業IT
ネットチャート、地域医療連携を促進する医療用画像のクラウド共有サービス
[10:25 8/24] 企業IT
2016年第2四半期国内PC出荷台数、シェアトップはNECレノボ - IDC
[10:08 8/24] 企業IT
米Pinterestが“あとで読む”サービスの米Instapaperを買収
[10:07 8/24] スマホとデジタル家電