Microsoft、Linux Integration Services 4.1をリリース

LIS 4.1のダウンロードページ。PDFによるドキュメントやISO形式ファイル、RPM形式のパッケージも用意されている

3月21日(現地時間)、MicrosoftはLIS(Linux Integration Services)バージョン4.1を公開したことを公式ブログで発表した。既にダウンロードも可能

同社は以前から、Hyper-Vの仮想マシン用OS(ゲストOS)としてLinuxをインストールする際、仮想マシンの能力を引き出すためのアドオンとしてLISをリリースしてきた。対象はRed Hat Enterprise Linuxを始めとするLinuxディストリビューション。以下に列挙する。

  • Red Hat Enterprise Linux 5.2~5.11 32ビット/32ビットPAE/64ビット
  • Red Hat Enterprise Linux 6.0~6.7 32ビット/64ビット
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0~7.2 64ビット
  • CentOS 5.2~5.11 32ビット/32ビットPAE/64ビット
  • CentOS 6.0~6.7 32ビット/64ビット
  • CentOS 7.0~7.2 64ビット
  • Oracle Linux 6.4~6.7 Red Hat Compatible Kernel 32ビット/64ビット
  • Oracle Linux 7.0~7.2 Red Hat Compatible Kernel 64ビット

LIS バージョン4.1はバグフィックスやパフォーマンスの向上、以下に列挙する新機能が含まれている。

  • Red Hat Enterprise Linux 5.2/ 5.3/5.4/7.2にインストール可能
  • CentOS 5.2/5.3/5.4/7.2にインストール可能
  • Oracle Linux 7.2 Red Hat Compatible Kernelにインストール可能
  • Hyper-Vソケット(Windows Server Technical Preview上でサポート)
  • メモリーホットアド(Windows Server Technical Preview上でサポート)
  • SCSI WNN
  • lsvmbus
  • アンインストール用スクリプト

LISのソースはGitHubから入手可能。MicrosoftのJosh Poulson氏は、TecNetの記事もバージョン4.1に合わせて加筆したことを明らかにしている。

阿久津良和(Cactus)

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事