米Apple、iPhoneをスマートに分解するロボット「Liam」 - 作業の動画も公開

  [2016/03/22]

米Appleは、3月21日(現地時間)に開催されたスペシャルイベントにて、iPhoneを分解するロボット「Liam」を紹介した。現在、Liamの作業風景を映した動画を、同社WebサイトYouTubeで公開している。

Liam

Appleはスペシャルイベントにて、製品リサイクルの取り組みを紹介。使用済みのiPhoneを分解するロボットとして、Liamを開発したと説明した。年間で120万台のiPhoneを分解できるという。

Liamは、製品から再利用できる部品を検出し、分離させる作業を行う。たとえば、バッテリーからコバルトとリチウムを、カメラから金と銅を取り外すほか、メインロジックボードから銀とプラチナを抽出する。

同社は使用済みのApple製品を下取りする「Apple Renewプログラム」を開始しており、MacとiPadはオンラインで、iPodとiPhoneはApple Store実店舗で下取りを受け付けている。

Liamによる作業の様子(クリックして拡大)

【動画】Liam – An Innovation Story

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】まだ"名物"で満足してるの? 札幌駅周辺の地元民絶賛ラーメン店3選
[06:30 6/1] 趣味
現在実施している節約術、人気1位はどんな技?
[06:30 6/1] マネー
貫地谷しほり「恋愛で悩んで涙」ドラマ『早子先生』感動シーンを語る
[06:00 6/1] エンタメ
「ドラクエⅢ」大魔王ゾーマを最も早く倒すのは誰なのか!?『ゲーム駅伝』
[06:00 6/1] エンタメ
間宮祥太朗「間違いなく告白しちゃう」映画『高台家の人々』で人の心を覗いた面白さとは?
[06:00 6/1] エンタメ