Apple、個人用健康ケアアプリ向けフレームワーク「CareKit」発表

 

Appleは22日、個人用の健康ケアアプリを開発するのに便利なフレームワーク「CareKit」を発表した。4月にオープンソースプロジェクトとして提供を開始する。

「CareKit」イメージ

CareKitを使って開発されたiPhoneおよびApple Watch用アプリは、個人が自分の症状や投薬状態を記録/モニターしたり、その情報を医師や家族と共有できる。たとえば薬を飲んだらボタンを押して記録する、定期的にApple Watchで脈拍を図る、アプリ上でリハビリのためのゲームをする、傷口の写真を撮影する、といったようにひとつひとつの情報を記録して医師らと共有することで、患者は自分の病気の治療に積極的に関わっていくことができ、医師はリアルタイムに患者の情報を管理して、発作の前触れを感知したり、投薬内容を検討することが効率良く行えるようになる。

また、アプリはiPhoneやApple Watch本体の加速度計なども利用できるため、体が大きく揺れたり、倒れたりしたときにリモートでモニターすることもできる。どの情報を誰にどのくらい提供するかはユーザーが決められるため、プライバシーも守られるとしている。

CareKitはアップルが医療機関と難病治療のためのプロジェクトとして展開中のフレームワーク「ResearchKit」の技術を応用している。ResearchKitでは、喘息、てんかん、皮膚ガンなどの研究・治療のために患者の情報を収集し、研究機関と共有できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

矢口真里、着信拒否で絶縁状態だった美川憲一に謝罪「大先輩に…」
[21:38 8/29] エンタメ
[三浦知良選手]来年50歳でも「うまくなりたい」
[21:22 8/29] エンタメ
東国原英夫、ネット住民と直接対決「また選挙に出るつもり?」と詰め寄られ…
[21:19 8/29] エンタメ
ジュウオウジャー、「ゴーカイジャー」との共演シーンではNGも - 映画大ヒット御礼イベントで告白
[21:00 8/29] ホビー
武藤敬司流「想像の斜め上をいく極意」- 「遊び心」が「人の心」をつかむ
[21:00 8/29] エンタメ