Apple、個人用健康ケアアプリ向けフレームワーク「CareKit」発表

海老原昭  [2016/03/22]

Appleは22日、個人用の健康ケアアプリを開発するのに便利なフレームワーク「CareKit」を発表した。4月にオープンソースプロジェクトとして提供を開始する。

「CareKit」イメージ

CareKitを使って開発されたiPhoneおよびApple Watch用アプリは、個人が自分の症状や投薬状態を記録/モニターしたり、その情報を医師や家族と共有できる。たとえば薬を飲んだらボタンを押して記録する、定期的にApple Watchで脈拍を図る、アプリ上でリハビリのためのゲームをする、傷口の写真を撮影する、といったようにひとつひとつの情報を記録して医師らと共有することで、患者は自分の病気の治療に積極的に関わっていくことができ、医師はリアルタイムに患者の情報を管理して、発作の前触れを感知したり、投薬内容を検討することが効率良く行えるようになる。

また、アプリはiPhoneやApple Watch本体の加速度計なども利用できるため、体が大きく揺れたり、倒れたりしたときにリモートでモニターすることもできる。どの情報を誰にどのくらい提供するかはユーザーが決められるため、プライバシーも守られるとしている。

CareKitはアップルが医療機関と難病治療のためのプロジェクトとして展開中のフレームワーク「ResearchKit」の技術を応用している。ResearchKitでは、喘息、てんかん、皮膚ガンなどの研究・治療のために患者の情報を収集し、研究機関と共有できる。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

山路徹、女性30人に"不倫は純愛の要素が強い"と力説…反感買い孤立無援化
[08:00 5/30] エンタメ
「遠隔操作市場」の科研費、2位の北大は4億9,045万円 - 1位は?
[08:00 5/30] マネー
綾瀬はるかと菜々緒が2位! ワキがキレイそうな有名人1位は?
[07:30 5/30] ヘルスケア
シニアに最も多いタイプは「無趣味で世の中に無関心」なミノムシ型?
[07:30 5/30] ヘルスケア
【連載】銀行員は見た! 第51回 異物混入事故
[07:30 5/30] マネー

特別企画 PR