アップル、4インチの「iPhone SE」発表 - スペック的にはハイエンドモデル

 

米Appleは3月21日(現地時間)、Apple本社(米カリフォルニア州クパチーノ)開催したスペシャルイベントで4インチモデルの「iPhone SE」を発表した。噂通りの4インチサイズのディスプレイを備えたモデルで、iPhone 6s/6s Plusと同じA9チップを採用。カメラも12メガピクセルに4K動画をサポートするなど、ハイエンドモデルとしての登場となった。

iPhone SE

iPhone SEは、64bitアーキテクチャチップの第3世代となるA9を採用し、モーションコプロセッサはM9を搭載。充電ケーブルを接続していない時でも「Hey Siri」と呼びかけてSiriを利用できるようになった。このあたりは、昨年9月に発売されたiPhone 6s/6s Plusと同じ仕様だ。外見はiPhone 5sを踏襲しており、ディスプレイは4インチのRetinaディスプレイで、解像度は1136×640ピクセル(326ppi)。3D Touchには対応しない。本体サイズは58.6×123.8×7.6mmで、重量は113gとなっている。

外見はiPhone 5sを踏襲

背面(iSight)カメラは12メガピクセルで、4K動画(3840×2160)撮影をサポート。Live Photosおよび1080p(120fps)、720p(240fps)のスローモーションビデオ、手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオに対応している。前面のFaceTimeカメラは1.2メガピクセルで、暗い場所でディスプレイをフラッシュとして利用できる「Retina Flash」に対応した。

また、iPhone 5sより50%高速なTouch IDを搭載。通信機能は、最大150MbpsのLTEに、VoLTEをサポート。Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n/acに対応しており、通信速度は最大433Mbps。Bluetooth 4.2、Apple Payの利用が可能なNFCを備える。

iPhone 5sにはなかったローズゴールドのモデル

カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色。ストレージ容量は16GB/64GBの2ライン。SIMフリー版の価格は、16GBが52,800円、64GBが64,800円(いずれも税抜き)。3月24日から予約受付を開始し、3月31日に発売となる。

前述の通り、3D Touch非対応、FaceTimeカメラが1.2メガピクセルとなっている以外は、ほぼiPhone 6s/6s Plusと同等の仕様なので、廉価モデルではなく、ハイエンドモデルとして投入されたと見て良い。しかしながら、価格は52,800円からと、リーズナブルなラインナップとなった。各キャリアからのプランは本稿執筆時では明らかになっていないが、実質0円がなくなると予測された上で、どれくらいの価格設定となるか注目したいところである。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[工藤夕貴]“山ガール”がドラマ「山女日記」で主演
[22:17 9/27] エンタメ
[貞子]女優・三田佳子に“変身”
[22:05 9/27] エンタメ
高畑裕太の代役は成田凌 - 映画『L-エル-』制作チーム一丸となって再撮
[22:00 9/27] エンタメ
[仮面ライダーカブト]ダークカブトの“真骨彫製法”フィギュア登場
[21:53 9/27] ホビー
TVアニメ『ツキウタ。』最終話・第13話のあらすじ&先行場面カット公開
[21:40 9/27] ホビー