高畑充希、EXILE岩田剛典との共演は「恥ずかしいシーンが多かった」

女優の高畑充希が19日、国立代々木競技場第一体育館で開催された「第22回 東京ガールズコレクション 2016 SPRING/SUMMER」(以下TGC)にサプライズ登場した。

「第22回 東京ガールズコレクション 2016 SPRING/SUMMER」に出演した高畑充希

「AG by aquagirl」のステージに登場した高畑は、花柄のワンピース姿で、はにかみながらランウェイをウォーク。「かわい~!」という声が上がる中、観客に向かって控えめに手を振った。その後のトークコーナーでは、「なんか照れくさかったです。こういうの初めてなんで」とランウェイの感想を語った。

また、EXILE兼三代目J Soul Brothersの岩田剛典とW主演を務める映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(6月4日公開)について、「ほとんど私たち2人しか出演者がいなくて、スタッフさんたちも含めて仲良く助け合いながらやっていました」と撮影の雰囲気を説明。「恥ずかしいシーンが多かったので、どれだけ照れずにやりきるかって感じでした」と笑った。

TGCは、「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに2005年8月から春夏と秋冬モデルの年2回開催されている国内最大規模のファッションイベント。22回目となる今回は"PARTY"をテーマに掲げ、総勢100人以上のモデルが登場。会場には約3万1,200人の観客が詰めかけ、253媒体831人のメディアが集結した。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事