西田敏行『家族ノカタチ』は「優れたドラマ」と太鼓判 - 昨今のドラマと比較

 

SMAP・香取慎吾主演のTBS系ドラマ『家族ノカタチ』(毎週日曜21:00~)が、いよいよ本日20日、最終回を迎える。香取演じる大介の父・陽三役として存在感を放っている西田敏行は、昨今のドラマの印象を語った上で、本作を「優れたドラマ」と称している。

大介の父・陽三を演じている西田敏行

香取やヒロイン役の上野樹里らより1日早く、14日にオールアップを迎えた西田は、その際に「本当に素敵なドラマに参加させていただいたという気持ちです」と感慨深げにあいさつ。「最近のテレビドラマを観ていると、コンテンツというものにこだわり過ぎていて、大人のにおいというかお金のにおいがする」と昨今のドラマの印象を語った上で、「『家族ノカタチ』は「ちゃんと志を持った作品としてのドラマ作りをしているなという感じがした」と語った。

そして、「30代、40代の働き盛りの熱い人生観や思い、去り行く老人世代の人間たちの人生観を、声高にじゃなくてやわらかくぶつけあっていい感じのセリフ劇になっている」と評価。「作劇として、最近のドラマの中では優れたドラマだなと思っています」と太鼓判を押した。

西田はドラマ撮影中の2月に頸椎を亜脱臼。韓哲プロデューサーは撮影が継続できなくなることも覚悟したというが、「どうしても撮影に行きたい」という本人の強い意志もあり、最後まで陽三を演じ切った。4月に休養に入り手術も受ける言われているが、そんな状況にも関わらず最後まで演じたいと思う、西田にとっても大切なドラマになったようだ。

そんな西田演じる陽三は、第8話で末期がんで死期が近づいていることを告白。最終回では、陽三のために何ができるか、大介(香取)は葉菜子(上野)に相談し、2人は考えた末、今までどおり普通の生活を送ることにする。そして、大介、葉菜子、陽三をはじめとする登場人物たちが、互いに影響を与えながら行きついたそれぞれの"家族の形"が描かれる。

『家族ノカタチ』最終回の場面写真

(C)TBS

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

J・J・エイブラムス、SW「フォースの覚醒」のレン騎士団スピンオフ作を熱望!?
[19:07 7/25] エンタメ
兄弟の愛憎描く「天智と天武」ビッグコミックで完結、「機械仕掛けの愛」も登場
[18:41 7/25] ホビー
損保ジャパン日本興亜、事故調査のドローン飛行に関する包括許可を取得
[18:40 7/25] マネー
Pokemon GO、次のステップはポケモン追加とトレーディング機能? - 海外報道
[18:35 7/25] スマホとデジタル家電
[AKB48柏木由紀]初主演舞台に全力 「全て捨てたつもりで」
[18:30 7/25] エンタメ

本音ランキング