西田敏行『家族ノカタチ』は「優れたドラマ」と太鼓判 - 昨今のドラマと比較

 

SMAP・香取慎吾主演のTBS系ドラマ『家族ノカタチ』(毎週日曜21:00~)が、いよいよ本日20日、最終回を迎える。香取演じる大介の父・陽三役として存在感を放っている西田敏行は、昨今のドラマの印象を語った上で、本作を「優れたドラマ」と称している。

大介の父・陽三を演じている西田敏行

香取やヒロイン役の上野樹里らより1日早く、14日にオールアップを迎えた西田は、その際に「本当に素敵なドラマに参加させていただいたという気持ちです」と感慨深げにあいさつ。「最近のテレビドラマを観ていると、コンテンツというものにこだわり過ぎていて、大人のにおいというかお金のにおいがする」と昨今のドラマの印象を語った上で、「『家族ノカタチ』は「ちゃんと志を持った作品としてのドラマ作りをしているなという感じがした」と語った。

そして、「30代、40代の働き盛りの熱い人生観や思い、去り行く老人世代の人間たちの人生観を、声高にじゃなくてやわらかくぶつけあっていい感じのセリフ劇になっている」と評価。「作劇として、最近のドラマの中では優れたドラマだなと思っています」と太鼓判を押した。

西田はドラマ撮影中の2月に頸椎を亜脱臼。韓哲プロデューサーは撮影が継続できなくなることも覚悟したというが、「どうしても撮影に行きたい」という本人の強い意志もあり、最後まで陽三を演じ切った。4月に休養に入り手術も受ける言われているが、そんな状況にも関わらず最後まで演じたいと思う、西田にとっても大切なドラマになったようだ。

そんな西田演じる陽三は、第8話で末期がんで死期が近づいていることを告白。最終回では、陽三のために何ができるか、大介(香取)は葉菜子(上野)に相談し、2人は考えた末、今までどおり普通の生活を送ることにする。そして、大介、葉菜子、陽三をはじめとする登場人物たちが、互いに影響を与えながら行きついたそれぞれの"家族の形"が描かれる。

『家族ノカタチ』最終回の場面写真

(C)TBS

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

シャープ、プラズマクラスター技術による結核感染リスクの低減効果を発表
[19:20 9/26] ヘルスケア
ON Semi、低照度産業用イメージングに適した8メガピクセルイメージセンサ
[19:11 9/26] テクノロジー
日本鉱物科学会が「日本の石」にひすい選定
[19:00 9/26] テクノロジー
「怪獣」と「東京」の切っても切れない関係 - 怪獣ファンが見た『空想脅威展』
[19:00 9/26] ホビー
チップとデールが一番くじ登場、いたずらされたミッキーたちのぬいぐるみも
[18:43 9/26] ホビー

本音ランキング