“対戦成績”で見る開幕戦 どこよりも早く開幕する「楽天-ソフトバンク」

 

16時開幕となる楽天-ソフトバンクの対戦

◆ 3月25日(金)セ・パ一斉開幕!

 プロ野球2016年シーズンの開幕まで、ついに1週間を切った。「143試合のうちの、たかが1試合」にあらず。開幕戦は、新シーズンを占う重要な一戦になる。

 今年、他チームよりも一足早く開幕を迎えるチームがある。16時開始の「薄暮ナイター」で開幕戦を戦う、楽天とソフトバンクだ。

 本拠地・Koboスタ宮城に、昨年のチャンピオンチームを迎える楽天。エースの則本昂大が開幕投手を務めることが公言されており、予定通りマウンドに登れば、その瞬間に「新人から4年連続の開幕投手」というプロ野球史上初の記録が誕生するという点でも注目が集まる。

 3年ぶりのリーグ制覇を目指す楽天と、リーグ3連覇を目指すソフトバンクの対戦。果たして2016年の初陣を飾るのはどちらになるのか。両チームの対戦成績を振り返りながら見ていきたい。


◆ 「ホーム開幕」はむしろ不利に?

 楽天とソフトバンク、両者の直近3年間における直接対決の戦績は以下のようになる。

2015年:楽天 8 (1) 16 ソフトバンク
2014年:楽天 12 - 12 ソフトバンク
2013年:楽天 12 - 12 ソフトバンク
―――
合計:楽天 32 (1) 40 ソフトバンク

 近年強さを誇ったソフトバンクに対し、食らいついていた楽天。ところが、昨シーズンは8つの負け越しを作る“天敵”となってしまった。

 特にヤフオクドームでは6勝6敗と五分を保ちながら、本拠地で2勝9敗1分と大きく負け越してしまった。有利なイメージの「ホーム開幕」だが、楽天にとってはむしろ重くのしかかる要素のひとつかもしれない。

 また、先発が予想される両投手の対戦成績を見てみると以下のようになる。

▼ 則本昂大 vs.ソフトバンク
2015年:4試 2勝1敗 防3.81
・鶴岡慎也 .667(3-2)
・本多雄一 .500(8-4)
・内川聖一 .333(12-4)
・李 大浩 .333(9-3)本塁打2
・明石健志 .333(9-3)

▼ 摂津正 vs.楽天
2015年:1試 0勝0敗 防2.57
・福田将義 .750(4-3)
・中川大志 .667(3-2)

 則本はソフトバンク相手に4戦2勝も、防御率はリーグ内だと5番目に悪い数字になった。ただし、3安打でうち2本が本塁打だった李大浩はメジャーへ移籍しており、内川も左肩痛で開幕に間に合うかどうかが微妙な状態。則本にとっては朗報といえるだろう。

 一方の摂津は、昨年は1試合のみの対戦だったためにデータが少ない。ちなみに2014年は4試合に先発して1勝2敗、防御率5.09と苦しんだが、楽天が日本一に輝いた2013年は逆に5戦5勝、防御率1.64とカモにしていた。果たして、今年は…。

 注目のパ・リーグ開幕戦・楽天-ソフトバンクはKoboスタ宮城にて、3月25日(金)の16時にプレイボールとなる。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「ぼのぼの×HELLO KITTY」新作や「ぼのちゃん」初グッズを夏コミで販売
[15:46 7/31] ホビー
[高橋愛]“ハリポタ愛”語る 「一緒に年を重ねている感じ」
[15:26 7/31] エンタメ
[真田丸]長宗我部盛親役の阿南健治がゆかりの地・高知へ 「龍馬だけではなく盛親も応援して」
[15:20 7/31] エンタメ
カリスマ実演販売士・レジェンド松下の「実力」
[15:05 7/31] エンタメ
『妖怪ウォッチ』最新版「ドリーム」発売、メダルでゲーム・筐体と連動
[15:00 7/31] ホビー