虎を頂点に導く男は誰か…「新・ミスタータイガース」待望論

 

◆ 「ミスタータイガース」襲名の条件とは…

 阪神タイガースには、かつてミスタータイガースと呼ばれた選手がいる。そもそも、「ミスタータイガース」には条件が必要だった。

1.タイガースの主力選手であること
2.同時代に、ミスタータイガースと呼ばれる選手がいないこと
3.タイガース一筋であること
4.阪神の優勝に貢献していること
 
 この4つだそう。「初代・ミスター」は藤村富美男。「物干し竿」のような長いバットで本塁打を量産した。そして村山実も、「ザトペック投法」を武器に200勝投手の仲間入り。この2人は阪神ファンにとって特別な存在となる。

 惜しいのは田淵幸一。1975年に本塁打王に輝くなど、捕手として一時代を築いたが、1978年に西武へと移籍。阪神の優勝にも貢献していないことから、「3代目・ミスタータイガース」と呼ぶことに違和感を持つファンもいるというのが現状だ。

 このため、掛布雅之は3代目とも4代目とも言われている。しかし、彼の場合は正真正銘のミスタータイガースだ。


◆ 次代の「ミスタータイガース」は…

 掛布は、1974年のドラフト6位で阪神に入団。それほど期待されていなかったが、猛練習で素質が開花する。

 のちに本塁打王は3度、打点王を1度獲得し、1985年の日本一にも貢献した。1988年シーズン限りで引退したのだが、それ以降の阪神では日本人の長距離砲が育っていない。正直、「ミスタータイガース」と呼ばれる人材がいないのだ。鳥谷敬内野手あたりが、一番近いのかもしれないが、打撃主要三部門でタイトルを取れていないことなど、物足りなさは否めない。

 そういったところで、今年から阪神の二軍戦で指揮を執る掛布氏には「5代目ミスタータイガース」の育成に期待がかかる。もともと、卓越した打撃理論には定評があり、本人も「本塁打の打ち損じがヒット」など、長距離砲の考え方も持っている。

 期待の若手では、陽川尚将という男がいる。金光大阪から東農大へ進学。ドラフト3位で2014年に、阪神へ入団した。プロ3年目。まだ一軍経験はないが、パンチ力がすごい。

 2015年の秋、キャンプで金本監督も好投一番の中、「来季、一番期待できる選手」と喜んだ。12月の台湾ウィンターリーグに参加し、打率.339、2本塁打をマーク。掛布二軍軍監督は今年1月の自主トレを視察し、みんな適当になっているところ。

 掛布二軍監督は、陽川について「本塁打を打てる打者。2年目の松井秀喜よりもいいんじゃないか」と評価。日本人の長距離砲=ミスタータイガースの育成にも「必ず、作らないといけない。育てる」と鼻息を荒くした。

 また、江越大賀も期待される右の大砲候補だ。ルーキーだった昨シーズンは一軍で56試合に出場。それでも、掛布二軍監督は「一軍へ上がるための材料を示せ」と活動を煽った。それは期待している裏返しだろう。

 最後にもう一人、横田慎太郎外野手も候補に入れたい。掛布二軍監督が「トリプルスリーも期待できる。横田という名前を覚えておいてください」と、早くも打撃センスに惚れ込んだという男。ここまでのオープン戦では4割を超える打率を残すなど、一気のレギュラー奪取に期待がかかる。

 期待されながらも、なかなか殻を破っていくことが出来ない阪神の若手野手たち。ミスタータイガースの出現を、心待ちにしている。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

“大食い女王”もえあず、ジャイアント白田も驚く食べっぷり!驚異の新人も登場
[05:00 10/2] エンタメ
後藤真希、本格声優に初挑戦! アニメ版『モンハン』にゲスト出演決定
[05:00 10/2] ホビー
米国発3DCGアニメ『RWBY VOLUME2』、初日舞台挨拶に早見・日笠・嶋村が登壇
[03:04 10/2] ホビー
『ろんぐらいだぁす!』、先行試写会開催! キャストが語る注目ポイントは?
[02:47 10/2] ホビー
花澤香菜、ハロウィンスペシャルライブ開催! 新曲「ざらざら」初披露
[02:21 10/2] ホビー