マネーツリーの「MT LINK」と日本ビズアップの「クラウド発展会計」が連携

マネーツリーは、日本ビズアップとの業務連携を発表した。これにより、マネーツリーが提供する「MT LINK」と、日本ビズアップが開発および提供する一般企業・会計事務所向け会計ソフト「クラウド発展会計」とがサービス連携するようになる。

「MT LINK」と「クラウド発展会計」のサービス連携イメージ

日本ビズアップの「クラウド発展会計」は、すでにデータアグリゲーションサービスを提供している先進的な会計サービスである。今回、既存のサービスプロバイダーから、マネーツリーが提供する「MT LINK」へと移行した、初の会計会社となる。日本ビズアップは、移行の理由として、多種多様な約2,400以上の金融機関(銀行口座、クレジットカード、電子マネー)の豊富さとクラウド型電子証明書技術による法人口座対応の技術力、APIベースの柔軟な対応力を挙げている。

マネーツリーが昨年1月より提供を開始した「MT LINK」は、今回の連携で10社目となる。「MT LINK」は、昨年より法人口座の対応を開始し、電子証明書を必要とする法人口座への対応数は既に900行を超え、現在、国内第1位の対応数として会計業界のデファクトスタンダードになり始めている。

人気記事

一覧

新着記事