MSI、新型ヒートシンクを採用したGeForce GTX 950搭載カードの発売日を延期

 

台湾MSIは17日、NVIDIA GeForce GTX 950を搭載したグラフィックスカードの新モデル「GTX 950 2GD5 OCV1」の発売日を、当初の17日から延期すると発表した。新しい発売日は決まり次第改めてアナウンスするとしている。

GTX 950 2GD5 OCV1

「GTX 950 2GD5 OCV1」は、従来製品「GTX 950 2GD5 OC」をリファインした製品。新設計のヒートシンクを採用し、GPUに加えて、グラフィックスメモリや電源回路を効率的に冷却するほか、従来モデルから65gの軽量化を実現した。

発売延期の理由として、MSIは「パッケージに不手際があったため」と説明。「GTX 950 2GD5 OCV1」の最大消費電力は90Wで、6ピンの補助電源を搭載するが、一部のパッケージで「補助電源不要」のステッカーが貼られたものが見つかったという。

製品の回収やパッケージ交換には1~2週間かかる見通しで、新しい発売日は決まり次第改めてアナウンスする。また、再出荷にあたっては販売価格の変更も検討しているという。 「GTX 950 2GD5 OCV1」の主な仕様は、CUDAコア数が768基、コアクロックが1,076MHz、ブーストクロックが1,253MHz、メモリが128bit接続のGDDR5 2GB、メモリクロックは6,600MHz。出力インタフェースは、DL-DVI-I×1、HDMI×1、DisplayPort×1。補助電源コネクタは6ピン×1。

本体サイズはW170×D111×H38mm、重量は374g。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

島崎遥香「ジャスミン茶を飲む男性」にキュン! 美術館デートは"邪魔"
[15:03 6/27] エンタメ
黒? ピンク?? 何色のブラジャーを一番多く持っているか女性に調査
[15:00 6/27] ヘルスケア
精神障害の労災請求が過去最多に
[14:50 6/27] マネー
5月のPC国内出荷台数は43万台、出荷金額は392億円
[14:48 6/27] パソコン
アニメ「ハイキュー!!」第3期は10月から、仙台七夕まつりにも登場
[14:23 6/27] ホビー