JR森ノ宮駅・大阪市営地下鉄森ノ宮駅で双方の運行情報表示開始 - 3/23から

 

JR西日本と大阪市交通局は、JR森ノ宮駅と市営地下鉄森ノ宮駅に相互に相手方の運行情報を表示する運行情報ディスプレイを設置すると発表した。3月23日始発から稼動を開始する。

JR森ノ宮駅と市営地下鉄森ノ宮駅の運行情報ディスプレイ設置イメージ

平常時は、次に発車する列車の時刻を表示。輸送障害などによる列車の遅延が発生した場合には、異常時情報提供画面に切り替える。JR西日本は15分以上の運転見合わせ、市営地下鉄は10分以上の運転見合わせで切り替わるとのこと。これにより、輸送障害発生時には乗換え前に運行情報を取得することが可能となる。JR西日本・大阪市交通局ともに改札内での他社(在来線)運行情報の表示は初の試みとなる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

MRJ、北米フェリーフライトの写真公開--グラント・カウンティ空港へ
[12:20 9/29] 趣味
NECソリューションイノベータ、データ分析でブドウの収穫予測を自動判定
[12:16 9/29] 企業IT
わずか3gのBluetoothタグから人工衛星まで、変化を見せたKDDI ∞ Labo
[12:01 9/29] 企業IT
木星の衛星「エウロパ」で水蒸気が噴出か? - ハッブル宇宙望遠鏡が観測
[12:00 9/29] テクノロジー
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第354回 膝よりはマシだけど
[12:00 9/29] 趣味

本音ランキング