大島優子、ワイヤーアクションで木を走る! 堤幸彦監督「完璧でした」

 

9月22日公開の映画『真田十勇士』のクランクアップ報告記者会見が17日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、主演の中村勘九郎をはじめ、松坂桃李、大島優子、加藤雅也、大竹しのぶ、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、石垣佑磨、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、青木健、堤幸彦監督が出席した。

映画『真田十勇士』のクランクアップ報告記者会見に出席した大島優子、中村勘九郎、松坂桃李(左から)

本作は、2014年に上映された堤幸彦演出、中村勘九郎主演の舞台『真田十勇士』の劇場版で、戦国末期を駆け抜けた真田幸村と彼を支える真田十勇士の活躍を描く。また、本作の公開と同時期に堤監督演出による舞台が上映されることも発表された。

約2カ月半の撮影が終わり、この日行われた会見には劇中で着用した甲冑姿のキャスト陣と堤監督が勢揃い。主演の中村は「2年前に舞台がありまして、その舞台公演中に堤監督とキャストの皆さんと『映画にしてくださいよ』と冗談で言ったら、本当になってさすが監督だと思いました」と堤監督を褒めながら「撮影は本当に過酷なものでした。時代劇や戦国ものということである程度は覚悟していましたが、予想以上に大変で心の中も格好良い俳優陣の皆様と頼れるスタッフさんの皆様のお陰で無事撮影できました。ロケ地も広大で夢のような2カ月間でした」とやりきった様子。霧隠才蔵役の松坂桃李は「監督からは『馬と並行に走ってください』とか『忍者なので腕を振らないで走って下さい』とか言われ、何を言っているんだろう? と(笑)。不可能を可能にする監督だと思いましたね」と話していた。

女忍として中村扮する猿飛佐助と霧隠才蔵の命を狙う火垂を演じたのが、大島優子。「男臭い現場だと思いましたね(笑)。女性は2人しかいなかったので、1人になると心細かったりしましたが、皆さんが舞台からやっていたので、すごく仲が良かったし現場の雰囲気も良かったです」と話し、堤監督について「すごい方だと思っています。細かな所まで行き届いていて、迫力のあるものをお届けするパワーを秘めている方。今回もご一緒できてうれしかったです」と絶賛するも、「ワイヤーを使って、木を走って昇らせるんです。監督は何でもやらせるから(笑)」と堤監督の無茶ぶりに苦笑い。そんな大島を堤監督は「完璧でしたよ。木を縦に走る女優はあなただけ!」と手放しで褒めていた。映画『真田十勇士』は、9月22日より全国公開。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【コラム】山田祥平のニュース羅針盤 第70回 UQをめぐるややこしい回線
[06:00 6/27] パソコン
ヒロミ、藤原竜也の上司役で10年ぶり連ドラ「ママがやりなさいと言うので」
[06:00 6/27] エンタメ
香港が「海外駐在員にとって最も物価が高い都市」1位に - 東京は?
[06:00 6/27] マネー
【連載】六畳一間 第4回 ゴリ沢 その1
[06:00 6/27] ライフスタイル
西田敏行『ジャングル・ブック』で実写吹替え初挑戦!演じるクマは「ほぼ俺」
[05:47 6/27] エンタメ

本音ランキング