「パズドラレーダー」、プレイ画面の公開で現在地が特定される可能性

 

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは17日、スマートフォン向けアプリ「パズドラレーダー」をAndroid、iOS端末向けに公開した。GPSによる位置情報を使ったアプリだが、プレイ画面を公開する際には注意が必要だと話題になっている。

「パズドラレーダー」(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

「パズドラレーダー」は、同社提供のゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」(以下パズドラ)をテーマにしたアプリ。GPSの位置情報を利用して「トレジャー」や「ドロップ」といったパズドラで使える特典が獲得できる。

同日から公開されたアプリだが、パズドラ人気と相まってTwitter上ではトレンドワードにランクインするなど話題となっている。だが、前述した通り位置情報を使うアプリであり、プレイ画面にはユーザーの現在地(緯度・経度)が表示されている。そのため、スクリーンショットなどをSNSで共有する際には注意が必要だ。

赤枠で囲った部分がユーザーの位置情報

ガンホー・オンライン・エンターテイメントも公式ホームページ上で、「SNS等に画像を公開される際は、十分にご注意ください」と呼びかけている。なお、同社によると、今後のアップデートで「位置情報」のオン・オフ機能の実装を予定しているという。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス