アルミ削り出しコンパクト筐体のハイレゾ対応アンプ「DDA-AMP1」発売

ディーフは、ハイレゾリューション対応のコンパクトパワーアンプ「DDA-AMP1」を発売する。発売開始は3月下旬、Deff Soundブランドより同社ならびにオンキヨー&パイオニア マーケティングジャパンを通じて専門店やオンラインストアにて販売される。価格はオープン(オンキヨーの直販サイトでは5万9,800円)。

「ハイレゾ対応 ステレオパワーアンプDDA-AMP1

同製品は、さまざまなオーディオデバイスの信号を増幅しスピーカーでの再生を可能にする、35W+35Wの出力が可能なデジタルパワーアンプ。2系統のアナログ入力に対応し、据え置きのUSB DACやスマートフォン、ポータブルオーディオデバイスなど機材を選ばず接続できる。また、ハイレゾリューション(ハイレゾ)オーディオソースにも対応。同社によれば、大型のスピーカーでも余裕をもって駆動させられるという。

また、高剛性アルミニウム削り出しで成形された継ぎ目のない筐体には回路基板も固定されており、音質に悪影響を及ぼす振動の伝播を抑制。コアには高音質なTI製デジタルパワーアンプ「TPA3116D2」を採用したほか、電解コンデンサとフィルムコンデンサには電源部を中心にニチコン製、ボリュームにはアルプス電気製と高性能と信頼性を誇る日本製の部品を採用するなど、音質を最優先に考えた回路構成によりクラスを越えた再生能力を実現しているということだ。

なお、外寸は幅110mm×奥行き108mm×高さ72mm。重さは約1kg(専用ACアダプタ含む)。定格出力は25W+25W、実行最大出力は35W+35W。全高調波歪率は0.05%、SN比 100dB(LINE IHF-A)。周波数特性は5Hz~45kHz / +0dB, -3dB(1W/4Ω)。適応インピーダンスは4~8Ω。

人気記事

一覧

新着記事