ADI、クリーンな高速通信を実現するLDOの新製品を発表

 

米アナログ・デバイセズ(ADI)は3月17日、低ドロップアウト・レギュレータ(LDO)の新製品「ADP176x」および「ADP715x」を発表した。

同製品シリーズは、無線基地局、有線通信、産業用計測器、高性能オーディオ、医療機器などへの搭載を念頭に設計されており、特にデータ・レートが高く、ノイズに敏感な精密アナログ/RFアプリケーションで、クリーンな電源レールや高速な過渡応答を実現し、高い電源電圧変動除去比(PSRR)を発揮するとしている。

ADP176xシリーズの最大出力電流は3Aで、0.5V~1.5Vの出力電圧範囲で動作する。この低電圧出力の動作により、多くの最新アプリケーションの高電流コア・レール要件に対応可能だとしている。

また、ADP715xシリーズは1.2V~3.3Vの出力電圧範囲をサポート、10 Hz~100kHzで1.6 µVrmsというノイズ性能を有するほか、この2 µVrms未満(100 Hz~100 kHz)という低いノイズ性能でのLDO出力電流範囲を、最大2Aにまで拡大している。

同製品シリーズは現在サンプル出荷中で、2016年4月の量産出荷を予定している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

2種のチーズを練り込んだ砂糖・バター・マーガリン不使用のクッキーが発売
[11:00 9/25] ヘルスケア
一万円札で汗がぬぐえる!? 「お札タオル」とは
[11:00 9/25] マネー
[Github Universe 2016] 日本人エンジニアに聞いた、企業向け「GitHub Enterprise」の魅力
[11:00 9/25] 企業IT
どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第19回 1日分の寿命の代償にほしいものは?
[11:00 9/25] 読者プレゼント
松本人志、NHKを批判 - SMAP紅白出演オファーの公表「利用している」
[10:51 9/25] エンタメ