ADI、クリーンな高速通信を実現するLDOの新製品を発表

 

米アナログ・デバイセズ(ADI)は3月17日、低ドロップアウト・レギュレータ(LDO)の新製品「ADP176x」および「ADP715x」を発表した。

同製品シリーズは、無線基地局、有線通信、産業用計測器、高性能オーディオ、医療機器などへの搭載を念頭に設計されており、特にデータ・レートが高く、ノイズに敏感な精密アナログ/RFアプリケーションで、クリーンな電源レールや高速な過渡応答を実現し、高い電源電圧変動除去比(PSRR)を発揮するとしている。

ADP176xシリーズの最大出力電流は3Aで、0.5V~1.5Vの出力電圧範囲で動作する。この低電圧出力の動作により、多くの最新アプリケーションの高電流コア・レール要件に対応可能だとしている。

また、ADP715xシリーズは1.2V~3.3Vの出力電圧範囲をサポート、10 Hz~100kHzで1.6 µVrmsというノイズ性能を有するほか、この2 µVrms未満(100 Hz~100 kHz)という低いノイズ性能でのLDO出力電流範囲を、最大2Aにまで拡大している。

同製品シリーズは現在サンプル出荷中で、2016年4月の量産出荷を予定している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー