シャープ、蚊を吸い込む空気清浄機「蚊取空清」 - 薬剤不使用

 

シャープは3月17日、蚊取り機能を搭載したプラズマクラスター空気清浄機「蚊取空清」(型番:FU-GK50)を発表した。発売は4月23日。価格はオープンで、推定市場価格は税別50,000円前後。

蚊取空清(FU-GK50)

FU-GK50は、東南アジア各国にて2015年9月から先行発売していた製品だ。このたび愛称を「蚊取空清」とし、日本国内でも販売を開始する。紫外線に近寄るという蚊の習性に合わせて、本体にUVライトを搭載。加えてボディカラーにブラックを採用し、複数の小窓を設けるなど「蚊が好む環境」を作り出すことで蚊を呼び寄せる。呼び寄せた蚊は空気清浄にともなって吸引し、粘着式の「蚊取りシート」で確保。蚊取りシートは使用後、2つに折りたたんで廃棄できる。

空気清浄機能としては、高濃度プラズマクラスター7000を採用し、「スピード循環気流」機能を搭載。微細な粒子が壁に付着するのを防ぎながら、本体から離れたところにあるホコリを引き寄せる。このほか、センサーの感度を高める「花粉運転」、前面のモニターを消灯し、蚊を取りながら静かに運転する「おやすみ運転」なども利用できる。

フィルターは、0.3μmの粒子を99.97%以上集じんできる「静電HEPAフィルター」のほか、「脱臭フィルター」「プレフィルター」の計3種類を装備。サイズはW391×D281×H540mm、重量は約5.9kg。8畳の空気清浄にかかる時間は12分。

製品発表会にて撮影。発表会レポートものちほど掲載する

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

新番組で政界進出を狙う武井壮に、ブラマヨ小杉「野心が見えて仕方ない」
[13:30 9/30] エンタメ
IEEE 802.3bz登場、ネットワークが最大5倍高速化
[13:30 9/30] 企業IT
住信SBIネット銀行、ローン審査に日立の人工知能活用
[13:29 9/30] 企業IT
アジレント、新しいマイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置を発表
[13:24 9/30] テクノロジー
[市川染五郎]人間国宝・片岡仁左衛門らと名古屋・金山でまねき上げ 大入り願う
[13:19 9/30] エンタメ