香取慎吾の提案でアレンジ!『家族ノカタチ』大介と葉菜子の感動ハグシーン

 

3月20日に最終回を迎えるSMAP・香取慎吾主演のTBS系ドラマ『家族ノカタチ』(毎週日曜21:00~)。13日放送の第9話では、香取演じる主人公・永里大介と、上野樹里演じる熊谷葉菜子が距離がさらに近づいた。それが形となって表れたのが、大介と葉菜子が抱き合う感動の場面。このシーンは、香取のアイデアによって、台本にはないアレンジが加わったという。

第9話の大介(香取)と抱き合うシーンの葉菜子(上野)

韓哲プロデューサーはこのシーンについて、「台本に『大介が葉菜子を抱き寄せる』と書いていたが、果たして大介はできるだろうかと思っていた。台本上には書きながらもそうやってくださいとは思っていなかった」と打ち明け、「さまざまな出来事や感情を積み重ねてきた2人はどうするのだろうか、現場で香取さんと上野さんが気持ちに添って芝居をするとどうなるのか、2人の自然な動きに任せていた」と説明した。

そして、実際にその撮影を迎えた時に、香取が「大介は、いきなり抱きしめることはできないと思う」と意見。「でも、例えば葉菜子に肩を触れられて、いつものようにそれをはねたあとだったら、抱き寄せられる気がする」と提案したという。香取が大介として思い付いたこのアイデアによって、よりリアルで自然なシーンになったのだ。

韓氏はまた、香取の演技について、セリフを変えたり加えたりといったアドリブではなく、「言い回しや表情で台本にはないものを見せてくれる」と語り、「香取さんの見せる大介の表情は、僕らもなるほどと思ったし、伝わってくるものがある」とその演技を評価する。

本作は、香取演じる39歳独身男・永里大介を主人公に、西田敏行演じる父・陽三との親子愛バトル、上野演じる32歳バツイチ女・熊谷葉菜子との独身バトルを通じて、さまざまな"家族の形"を応援するドラマ。20日の最終回では、大介、葉菜子、陽三をはじめとする登場人物たちが、互いに影響を与えながら行きついたそれぞれの"家族の形"が描かれる。

『家族ノカタチ』第9話の場面写真

(C)TBS

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Evernoteがプラン改定、有料プラン値上げ、無料ベーシックは端末2台までに
[05:31 6/29] パソコン
[竹中直人]劇場版ワンピースで2役に挑戦 「胸が踊った」
[05:00 6/29] ホビー
[真剣佑]「ピーチガール」実写映画でとーじ役
[05:00 6/29] エンタメ
真剣佑、『ピーチガール』で硬派男子に! 山本美月めぐり伊野尾慧と三角関係
[05:00 6/29] エンタメ
鈴木奈々・ヒロミ・劇団ひとり・ヒャダインらが"潜在能力"テストに挑戦
[05:00 6/29] エンタメ

本音ランキング