オンラインファイル共有市場、半数の企業が今後の新規導入/リプレース検討

 

アイ・ティ・アール(ITR)は3月16日、国内のオンラインファイル共有製品・サービスについて、導入状況と新規導入/リプレース予定、および業種別の結果を発表した。

オンラインファイル共有製品を未導入の企業は5割強となり、このうち約6割の企業では新規導入の予定があると回答した。すでに導入済みの企業では、4割弱の企業がリプレースを予定しているという結果も出ている。全体で見ると、およそ5割の企業が製品・サービスへの投資(新規導入またはリプレース)を予定していることが明らかになった。

企業におけるオンラインファイル共有製品・サービスの導入状況 資料:ITR

業種別に見ると、新規導入を予定している企業の割合が最も高い業種は金融業で4割強、これに建設業が続く。特に金融業では、導入済みの企業においてリプレース予定の比率も5割と比較的高いため、今後の活発な投資が予想されるという。

業種別に見る導入状況 資料:ITR

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

KinKi Kids新アルバム、週間ランキング初登場1位に! 13.1万枚売上
[04:00 9/27] エンタメ
テラハ新シリーズの舞台はハワイ! 新メンバー出演番組のライブ配信も決定
[01:00 9/27] エンタメ
[テラスハウス]海外初進出 新シリーズはハワイで展開
[00:31 9/27] エンタメ
TVアニメ『orange』が映画化! 『orange -未来-』が11/18より2週間限定公開
[00:00 9/27] ホビー
[パトレイバー]後藤隊長カレンダーが「月刊!スピリッツ」付録に 「みんなで幸せになろうよ」
[00:00 9/27] ホビー