エプソン、プログラマブル水晶発振器の新シリーズを発表 - 6月量産開始

 

セイコーエプソン(エプソン)は3月16日、プログラマブル水晶発振器「SG-8101」および「SG-9101」シリーズを新たに商品化すると発表した。

両シリーズは従来品と比べて動作温度範囲の上限を105℃に広げ、サイズは小型の2.5×2.0mmのほか、要望が多い3.2×2.5mm、5.0×3.2mm、7.0×5.0mmの各種パッケージ品を揃えた。

「SG-8101」シリーズは周波数許容偏差を3分の1以下に高精度化するとともに、消費電流を半減させた。一方、スペクトラム拡散機能を備える「SG-9101」シリーズは、消費電流を75%削減したほか、別売のプログラミングツール「SG-Writer II」を用いることで、出力周波数や出力周波数の変調プロファイル・周期の書き込みが可能となっている。

なお、両シリーズは2016年6月の量産開始を予定している。

「SG-8101」シリーズ

「SG-9101」シリーズ



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

岡田結実、母との初共演に「何を言われるのかドキドキした」
[10:00 10/1] エンタメ
霊山に巨石がゴロゴロ!神の島誕生の秘密が明らかに『ブラタモリ』
[10:00 10/1] エンタメ
『宇多田ヒカル~ライナーノーツ~』60分拡大版を放送
[10:00 10/1] エンタメ
ジョニー・デップ、『オリエント急行殺人事件』リメイク版に出演決定
[10:00 10/1] エンタメ
劇場版『マジェスティックプリンス』、本編上映後にオリジナルボイスドラマ
[10:00 10/1] ホビー