東芝、4Kテレビ「REGZA Z20X」のHDR画質向上&SeeQVault対応アップデート

 

東芝ライフスタイルは、4K対応の液晶テレビ「REGZA Z20X」シリーズにおいて、バージョンアップ用のソフトウェアを3月22日から提供する。

65Z20X

今回のバージョンアップでは、Ultra HD ブルーレイプレーヤーで再生するHDR映像の画質を向上。さらに、SeeQVault機能を拡張し、タイムシフトマシンに保存されている番組をSeeQVault形式でUSB HDDやSDカードに直接保存できるようになる。

対応製品は、Z20Xシリーズの「65Z20X」「58Z20X」「50Z20X」。アップデート用ソフトウェアの提供日時は、サーバダウンロード形式が3月22日。放送波ダウンロード形式がBSデジタルで3月28日、地上デジタルで4月4日。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

フォントにそれで大丈夫? イチから学ぶWebフォント講座 第1回 文字とは、書体とは、フォントとは
[08:00 10/1] 企業IT
松本人志『ワイドナショー』原点語る「たたかれた芸能人をフォローできる番組に」
[08:00 10/1] エンタメ
コントロールセンターを表示すると微妙に振動します!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 10/1] スマホとデジタル家電
部屋中の家電をこれ1台で操作 - ソニーの「HUIS」は"育てる"リモコンだった
[08:00 10/1] スマホとデジタル家電
鉄道トリビア 第373回 2つの列車の運転士が同じ名前という理由で起きた大事故がある
[07:50 10/1] ホビー