グレープシティ、Salesforceの開発基盤用コンポーネントを提供

グレープシティは3月16日、セールスフォース・ドットコムとISVFORCEパートナー契約を締結し、セールスフォースの開発プラットフォーム「App Cloud」で利用できるコンポーネントおよび「Sales Cloud」などの各種サービスで利用できるソフトウェアを「GrapeCity for Salesforce」として順次提供していくと発表した。

GrapeCity for Salesforceの仕組み

第1弾となる「GrapeCity Barcode for Salesforce」は、セールスフォースのフレームワーク「Visualforce」および「Lightning」で、バーコード生成機能を実装できるコンポーネント。QRコードはもちろんのこと物流共通シンボルのITF、国内共通の商品コードJAN、国際標準のGS1データバー、郵便事業で使われるカスタマバーコードなど20種類以上のシンボルを生成できる。

GrapeCity Barcode for Salesforce

また、セールスフォースが提供するモバイルアプリ「Salesforce1」にバーコードの読み取り機能を持たせたカスタムアプリ開発も可能。これにより、モバイルデバイスのカメラでバーコードを読み取り、Salesforce上にデータを送信することができる(読み取り機能はベータ版として提供)。GrapeCity Barcode for Salesforceの利用価格は月額900円(税別)/1ユーザー。

また、2016年中にMicrosoft Excelの操作性をそのままSalesforceプラットフォーム上で再現できるスプレッドシートもリリース予定。リリース時期や価格の詳細については随時Webサイトなどで告知するとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事