バイエルン戦欠場のディバラ「残念でならない」…早期復帰を約束

バイエルンとのセカンドレグを負傷欠場するディバラ(中央) [写真]=Bongarts/Getty Images

 16日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、バイエルンとユヴェントスが対戦する。

 ファーストレグを2-2で終え、敵地でのセカンドレグで準々決勝進出を目指すユヴェントス。左足ふくらはぎを負傷し、欠場することが決まったアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが自身のインスタグラムを更新し、落胆の意を示した。

 ディバラは、15日に行われたトレーニングで左足ふくらはぎを負傷。トレーニングを早めに切り上げ、精密検査を受けた。診断の結果、筋肉の損傷は回避されたものの筋肉疲労が確認され、バイエルン戦の招集メンバーから外れることとなった。

 ディバラは左足の治療を行っている自らの写真をインスタグラムに投稿。「素晴らしいチームメイトと共にミュンヘンでの一戦に臨むことができなくなって残念でならない。それでも、できる限り早く復帰できるように治療を進める」と綴り、欠場に落胆しながらも、早期復帰を約束した。

 ディバラは、ユヴェントス加入1年目ながら、セリエA第29節終了時点で28試合に出場。チームトップの14ゴールを記録している。チャンピオンズリーグでは、バイエルンとのファーストレグで自身の大会初ゴールを挙げた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事