川崎重工、ボーイング787-10の前部胴体製造を開始 - 納入は2018年

ボーイングは現地時間の3月15日、787-10ドリームライナーの主要部品の組み立てを開始したことを発表。ボーイングのパートナーである川崎重工業が予定より2週間早い3月14日に着手し、前部胴体にあたる円形のフレームの製造を開始した。

前部胴体にあたる円形のフレームの製造を開始した

787-10は2014年にローンチした787-9に続く787ドリームライナーの派生系で、787-9の胴体をより延長したのが787-10であり、両機材は95%が共通する設計となっている。最終組み立てはサウスカロライナ州のノースチャールストン工場で行われ、納入開始は2018年を予定。2016年3月現在、787-10の受注は787ファミリーの中で13%を占めており、世界の大手顧客9社から153機の受注を獲得している。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事