実は弱気でネガティブ!? ミスタープロ野球・長嶋茂雄の意外な一面

 

ミスタープロ野球・長嶋茂雄の逸話は尽きない…

◆ 試合中に見せる意外な一面

 長嶋茂雄巨人終身名誉監督。現役時代もそうだが、天然的な素振りや言動は今でも語り継がれている。

 どれほどスゴいかというと、「赤とんぼと話していたのを見た」なんて話も出るほどスゴい人なのだ。

 そんな長嶋監督だが、実は大のネガティブ人間ということをご存じだろうか。以下、実際に起きていた巨人ナインの証言である。

 試合の局面で劣勢になると、「ネガティブ節」が出る。ピンチの場面では「あーもうだめだ。絶対に打たれる、打たれるぞー。ほーら、打たれた」という感じだったらしい。

 ギャグにもとれるのだが、長嶋監督の表情は真剣そのもので、選手としては笑うに笑えなかったとのこと。もちろん、グラウンドを離れると優しくて楽しくて、そして偉大な方なのだが、監督時代の長嶋監督のイメージは、当時の選手にとっては「ネガティブおじさん」だったという。


◆ “天然”はもはや伝説

 “天然さ”も半端じゃなかった。気になるものには、とことん気になる長嶋監督。日本中から注目を浴びた2000年のダイエーとの日本シリーズ。王貞治監督との“ON対決”の実現とあって、シリーズを前に両監督の2ショット撮影がグラウンドで行われた。

 世紀の2ショットを撮影しようと100人を超える報道陣が殺到し、無数のフラッシュがたかれた。だが、当の長嶋監督はというと、なぜか横目で右前方のカメラマンにちらり、ちらりと目線をやる。

 隣には王監督がいる。加えて大勢の報道陣から目線を求められるも、長嶋監督はそのカメラマンをちらりちらり。

 実はこのカメラマン、長嶋番カメラとして、連日長嶋監督に密着取材をしていた方だったのだが、前日までの長髪をバッサリと切り、丸刈り姿にしてこの撮影に臨んでいたのだ。

 長嶋監督は、その髪型が気になって仕方がなかった。案の定、撮影を終えた長嶋監督はそのカメラマンに歩み寄り「(髪の毛)やったの?」と、嬉しそうに声をかけていた。

 監督の伝説は数知れず。いつまでも語り継がれていく。誰からも愛され、親しまれるその人間性。長嶋監督、最高です。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[マジプリ阿部周平]東海発のアイドルがプロボクサー目指し「畑中ジム」入会 芸能活動と並行
[02:00 7/25] エンタメ
[ハイスコアガール]2年ぶり連載再開 コミックスも復活
[00:00 7/25] ホビー
[げんしけん]「次号『二代目』最終回!!」 オタクサークルの活動描いた人気マンガ
[00:00 7/25] ホビー
Googleお役立ちテクニック - Chromeブラウザで複数のGoogleアカウントを利用する
[00:00 7/25] パソコン
[バナナマン・設楽]日村からの“サプライズ”に困る 人気の柴犬「まる」も登場
[21:03 7/24] エンタメ