[映画興行成績]「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」がV2

  [2016/03/15]

「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」のビジュアル (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016

 3月14日に発表された12、13日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、人気アニメ「ドラえもん」の劇場版最新作「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」が前週に続いて首位を獲得した。約41万5200人を動員し、興行収入は約4億8500万円をあげた。累計動員数は107万人を突破している。2位は初登場作品で、ディズニー/ピクサーの最新劇場版アニメーション「アーロと少年」がランクイン。380スクリーンで公開され、約19万1700人を動員。興行収入は約2億3700万円だった。

 3、4位も初登場作品がランクイン。3位は夢枕獏さんの小説「神々の山嶺」を「V6」の岡田准一さん主演で映画化した「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」で、322スクリーンで公開され、約16万5200人を動員。興行収入は約2億900万円をあげた。4位は山田洋次監督が名作「男はつらいよ」シリーズから約20年ぶりに取り組んだ本格喜劇「家族はつらいよ」。320スクリーンで公開され、動員数は約15万1400人、興行収入は約1億7300万円だった。

 このほか初登場作品では、9位に人気テレビアニメ「プリパラ」の3作目の劇場版で、初のオリジナルストーリーとなる「プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ」がランクイン。116スクリーンで公開され、約3万7100人を動員。興行収入は約4500万円をあげた。また、10位には50スクリーンで公開された、特撮ドラマ「ウルトラマンX」を映画化した「劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン」が入った。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUS初のロボット「Zenbo」をブースで見てきたぞ! 写真と動画で各部を紹介
[00:01 6/1] パソコン
「鉄腕アトム」誕生物語がアニメ化!ゆうきまさみ×カサハラテツロー描く新説
[00:00 6/1] ホビー
アニメ「DAYS」GKの今帰仁役は豊永利行、FWの白鳥役は岡部涼音
[00:00 6/1] ホビー
[綾瀬はるか]平井堅と初共演 “サプライズ訪問”にビックリ!
[00:00 6/1] エンタメ
[DAYS]追加キャストに豊永利行、岡部涼音
[00:00 6/1] ホビー

本音ランキング