京都鉄道博物館に所蔵、JR西日本所有233号機関車が国の重要文化財に指定へ

佐々木康弘  [2016/03/15]

JR西日本はこのほど、同社が所有する233号機関車が国の重要文化財に指定されることが決まったと発表した。4月29日に開業する京都鉄道博物館に展示される。

京都鉄道博物館に所蔵されている233号機関車

233号機関車は、逓信省鉄道作業局が汽車製造合資会社に発注し、明治36年度(1903~1904年)に製造された1B1形タンク式蒸気機関車という形式の車両。安定した性能と保守のしやすさから、1909(明治42)年までに51両が製造され、国産初の量産型機関車になったという。

現存する量産型の国産蒸気機関車としては国内で最も古く、「蒸気機関車国産の先鞭をつけた形式の車両として鉄道史、産業史上などに学術価値が高い」と文化庁も評価。美術工芸品として重文指定を受けることになった。JR西日本が受けた重文指定としては2004年の梅小路機関車庫の例があるが、同社所有の車両が指定を受けるのはこれが初めて。重文指定としては同車庫に次いで2例目となる。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

カレー沢薫さんの"3D"ロゼットを抽選で1名にプレゼント!
[12:00 5/30] テクノロジー
【連載】3Dペンでカレー沢薫さんを「立体化」してみた 第3回 カレー沢薫さん、光る
[12:00 5/30] テクノロジー
尾木ママ、舛添知事への怒り爆発「税金、公金にたかる寄生虫」
[11:55 5/30] エンタメ
Viibar、Yahoo! JAPANのデータ分析結果をもとにした動画広告商品
[11:40 5/30] 企業IT
【レポート】人工知能、VR、Chrome OS、開発者会議で示したGoogleの方向性
[11:33 5/30] 経営・ビジネス

本音ランキング

特別企画 PR