JVC、約22万円のHDMIケーブル - 長さ20m、フルスペック4K映像に対応

 

JVCケンウッドは15日、同社の4K対応D-ILAプロジェクターの専用オプションとして、HDMIケーブル「VX-HD1200LC」を発表した。発売は4月上旬。希望小売価格は200,000円(税別)。

VX-HD1200LC

フルスペック4K映像対応で、長さが20mのHDMIケーブル。フルスペック4K映像を安定して伝送する長尺ケーブルは実現が難しいとされており、同社にも要望が寄せられていたという。

VX-HD1200LCは、高速伝送が可能な光ケーブルと安定性のあるメタルケーブルを組み合わせたハイブリッド構造を採用し、最高伝送速度18Gbps(規格値)の安定した伝送を実現する。ドライバー部は低消費電力設計を採用しており、HDMIからの供給電源のみで動作する。HDMIプラグはタイプA。重量は約450g。ケーブルの最小曲げ半径は57mm。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『ガンダムBF』特番よりティターンズ色メイド「すーぱーふみな」が立体化
[17:00 8/26] ホビー
田辺誠一&大塚寧々、バラエティ初の夫婦コラボ! イラスト&ナレーション担当
[17:00 8/26] エンタメ
『LEGOムービー』続編、新主人公はバットマン! 17年4月公開決定
[17:00 8/26] エンタメ
働く女性の健康をサポート! 「まるのうち保健室カフェ」が期間限定OPEN
[16:52 8/26] ヘルスケア
iOSの標準アプリ『リマインダー』で情報を共有して買い忘れを予防する
[16:46 8/26] スマホとデジタル家電