JVC、約22万円のHDMIケーブル - 長さ20m、フルスペック4K映像に対応

 

JVCケンウッドは15日、同社の4K対応D-ILAプロジェクターの専用オプションとして、HDMIケーブル「VX-HD1200LC」を発表した。発売は4月上旬。希望小売価格は200,000円(税別)。

VX-HD1200LC

フルスペック4K映像対応で、長さが20mのHDMIケーブル。フルスペック4K映像を安定して伝送する長尺ケーブルは実現が難しいとされており、同社にも要望が寄せられていたという。

VX-HD1200LCは、高速伝送が可能な光ケーブルと安定性のあるメタルケーブルを組み合わせたハイブリッド構造を採用し、最高伝送速度18Gbps(規格値)の安定した伝送を実現する。ドライバー部は低消費電力設計を採用しており、HDMIからの供給電源のみで動作する。HDMIプラグはタイプA。重量は約450g。ケーブルの最小曲げ半径は57mm。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス
株式投資額は「年間100~500万円」が最多 - FXは?
[09:28 7/26] マネー