スタジオジブリ制作の新CM発表、題材は「宮﨑駿や高畑勲も好き」なあの国宝

 

鈴木敏夫プロデューサー

丸紅新電力の新電気料金プラン発表会が都内・ベルサール六本木で開催され、スタジオジブリが制作した同社の新CMが公開された。

CMは、国宝「鳥獣人物戯画」をモチーフにしたもので、絵に描かれたウサギやカエルが感情豊かに生き生きと動く様が描かれている。楽曲は、辻井伸行氏による描き下ろしとなっている。

「鳥獣人物戯画」をモチーフにしたことについてスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは、「『鳥獣戯画』を動かしてみたいという考えはずっとあったんですよ。これは宮﨑駿や高畑勲も好き。この『鳥獣戯画』に描かれている絵は素晴らしくて、業界の人であればこういうものを動かしてみたいという意欲をみんな持つんです」とコメント。CM続編ではウサギとカエルの今後が描かれるという。



今回のコラボレーションの経緯について丸紅新電力の福田知史国内電力プロジェクト部長は、「水を利用した発電で電気をまかないたいという相談を福島県の下郷町から受け、現在森の真ん中に小水力発電をいくつか作っています。この件について、"森の中で水と緑をうまく調和させて電気を作る"ということを今後の柱にしたいと思っており、そのイメージを具体的にどう表現するかを考えていた時に、ジブリさんに依頼してはどうかという提案が広報部からあって、実際にお会いさせていただいたことがきっかけです」と語った。

一方の鈴木氏は、「第一に縁を感じたんです。スタジオジブリは以前、徳間書店の傘下にあって、そこに勤めていた時に丸紅さんと組んで映画を作ったことがあるんです。それは数十年前の話なのですが、僕も絡んでいたこともあり、丸紅さんと聞いて『懐かしいな』と思ったんです。そういうのって大きいんですよ」と、意外な理由を明かしていた。

発表された「プランG」は、すでに申し込み受け付けを開始している価格重視のスタンダードプラン「プランS」に対し、電気料金の一部を森と緑の保全活動に充当することができる環境重視のプランとなっている。「プランG」は「プランS」よりも基本料金として毎月100円(税別)高く、また従量課金として3段階目(月に300kWh以上電気を使用した場合に適用される料金)のみ1円/kWh多く徴収する。

丸紅新電力は、三鷹の森ジブリ美術館に電力を供給するとともに、その活動を支援。さらに集めた資金によって公益財団法人トトロのふるさと基金が埼玉県と東京都にまたがる『となりのトトロ』(1988年)でモデルになった狭山丘陵の自然と里山の景観を保全するために行っているナショナル・トラスト活動を支援していくという。「プランG」加入者にはスタジオジブリ監修の「オリジナル一輪挿し」がプレゼントされる

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[久松郁実]「マガジン」で初表紙 セクシーなビキニ姿に“絶対ほれる!”
[00:00 9/28] エンタメ
TVアニメ『双星の陰陽師』第25話のあらすじ&先行場面カット公開
[00:00 9/28] ホビー
「三者三葉」アニメ公式ガイド、キャストのグラビアインタビューや設定資料も
[23:31 9/27] ホビー
「この美術部には問題がある!」7巻は女装回や水着回を収録、書店特典も
[23:28 9/27] ホビー
LINEトークに浪漫の嵐!「サクラ大戦」20周年記念スタンプ
[23:23 9/27] ホビー

本音ランキング