ネイマール、コパ&リオ五輪出場へ…ブラジルサッカー連盟がバルサに接触

バルセロナでプレーするFWネイマール [写真]=Getty Images

 ブラジルサッカー連盟(CBF)が、バルセロナに所属するFWネイマールが6月にアメリカで開催されるコパ・アメリカと、8月に行われるリオデジャネイロ・オリンピックに出場できるように動いていることが明らかになった。14日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ブラジル代表のジェネラルコーディネーターを務めるジルマール・リナルジ氏は、10日にバルセロナを率いるルイス・エンリケ監督と会談。ブラジル紙『Folha de Sao Paulo』によると、同氏は「我々は初めての会合で、選手の個人的なコンディションや技術的な状況に関して議論しながら、バルセロナの考えに配慮すると伝えた。現状では、選手たちを手放してくれるかどうか尋ねているところだ」と話しているという。

 コパ・アメリカ2016でグループBに入ったブラジルは、エクアドル、ハイチ、ペルーと対戦することになる。順当にいけばブラジルのグループリーグ突破は確実視されるため、ブラジル代表を率いるドゥンガ監督は過密日程を考慮し、ネイマールを招集しない選択肢を検討しているようだ。

 また、現在のところバルセロナ側は2つの大会両方の出場を許可することはないと見られている。そのため、CBFは同クラブを説得するために、ネイマールにコパ・アメリカとリオ五輪の間に1カ月間のオフを与える条件で交渉することを画策している。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事