巨大ブラックホールから光速ジェット噴出 日韓チームが観測

 

太陽の約60億倍もの質量がある巨大ブラックホールから「ジェット」と呼ばれる高エネルギーのプラズマの流れが光速に近い速さで激しく噴き出しているのを日本と韓国の共同観測チームが観測した、と国立天文台が15日、東京都内で開かれた日本天文学会で発表した。これまで宇宙の謎とされていたブラックホールから噴出するジェットの仕組み解明につながる成果という。

写真.米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡が1998年に撮影したM87銀河から噴出するジェット。撮影時には噴出するジェットの速さなど詳細は不明だった(J. A. Biretta/Hubble Heritage Team/NASA提供)

共同観測チームは、国立天文台水沢VLBI観測所を中心に日本国内4台と韓国内3台の計7台の電波望遠鏡による「日韓合同VLBI観測網」の研究者で構成。同チームの秦和弘(はた かずひろ)助教らは、解像度に優れるこの観測網を駆使、地球から5,440万光年離れた「M87(おとめ座A)銀河」の中心にある巨大ブラックホールから噴出するジェットを観測した。データの解析などから、巨大ブラックホールに極めて近いジェットの根元部分の速度は、これまで考えられていた「光速の10∼30%以下」ではなく、「光速の80%以上」であることが分かった。

重力の強いブラックホールには、周囲からブラックホールに落ち込まなかったガスが超高温、超高速になって噴き出してジェットが形成される。長さは5千光年もある、とされる。 ジェットの流れの速度については、初めは比較的ゆっくりでその後、加速するとこれまで考えられていた。国立天文台の研究チームによると「巨大ブックホールからのジェットの生成や加速のメカニズムは現代天文学の最難問の一つ」という。

関連記事

「アインシュタイン予言の重力波初観測 宇宙創成の謎解明に有力手掛かり」

「国際ガンマ線天文台に大口径望遠鏡設置へ」



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

カーエレクトロニクスの進化と未来 第91回 冗長構成に向いたARMのCortex-R52安全管理プロセッサ
[09:00 9/27] テクノロジー
「実は損している」節約行動4選
[09:00 9/27] マネー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第12回 最新版がリリース、LibreOfficeをアップデートしよう
[09:00 9/27] 企業IT
【連載特別企画】広がるMATLAB/Simulinkの世界 第3回 MATLABを使った鉄道の乗り心地の可視化ツール - 鉄道総合技術研究所
[09:00 9/27] テクノロジー
フジ新人永尾亜子アナ『みんなのニュース』で初レギュラー「一歩一歩」
[08:31 9/27] エンタメ