XYZプリンティング、初心者向け3Dモデリングソフトの無償提供を開始

 

XYZプリンティングジャパンは3月15日、初心者向け3Dモデリングソフトウェア「XYZmaker」のBeta版を発表し、同社Webサイトにて無料ダウンロードによる提供を開始した。

同ソフトでは、予め用意された円形や筒状のオブジェクトを組み合わせるだけで3Dデータを作成することができるほか、既存の3Dモデルデータを読み込んで編集することが可能。データはSTL/AMF/OBJ/PLY形式で保存することができる。

また、同社が運営する3Dデータ共有サイト「XYZギャラリー」では、数千の3Dモデルデータを掲載しており、事務用機器からコンピューター周辺機器まで、さまざまな種類のデータを無料で入手することができる。また、個人が作成した3Dモデルデータを「XYZギャラリー」に保存、公開することもできる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】ランサムウェアに引っかかった!? - Acronis True Imageのイメージバックアップで最後の砦を築いておく(後編)
[07:00 7/25] パソコン
八田亜矢子、東大クイズ合戦で「女性の強いところを見せる!」も痛恨ミス
[07:00 7/25] エンタメ
カシオの電子辞書「EX-word」、20周年記念プレスイベントで語られた歴史
[07:00 7/25] スマホとデジタル家電
JPEGはなぜここまで普及したのか? ~専門家に聞いてきた~ 第5回 JPEG 2000対応カメラが無い理由
[07:00 7/25] 企業IT
深海底のレアアース泥は堆積速度の遅い環境に存在 - 東大などがデータ解析
[07:00 7/25] テクノロジー