AMDがGPUロードマップを更新 - 2017年に「Vega」、2018年に「Navi」を投入

  [2016/03/15]

米AMDは14日(現地時間)、Game Developers Conference 2016に合わせて開催したイベント「Capsaicin」(カプサイシン)にて、2016年以降のGPUロードマップを公開した。

AMDが公開したGPUロードマップ

AMDはCES 2016にて次期GPUアーキテクチャ「Polaris」(開発コード名:北極星)を発表したが、これに続き2017年前半に、DRAMチップの大容量化や転送速度の向上が図られた第2世代HBM(High Bandwidth Memory)を採用した「Vega」(開発コード名:こと座の恒星)、さらに2018年前半にはスケーラブルな次世代メモリを採用した「Navi」(開発コード名:カシオペヤ座の恒星)を投入するという。2015年に投入した28nm世代のGPUと比べ、「Polaris」では2.5倍の、「Vega」や「Navi」ではそれを大きく上回るワットパフォーマンスを実現するとしている。

AMDが公開した図によると、「Polaris」のメモリについては特に記載がなく、現行のGDDR5のほか、GDDR5Xまたは、第1世代HBMが採用される可能性がある。なお、次世代GPUについて、プロセスルール、GCNの世代などメモリ以外の仕様は明かされていない。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

NTTデータとネットイヤーグループ、流通業界へのオムニチャネル推進で協業
[09:00 5/28] 企業IT
自分に適したヘアケア方法や将来なりやすい病気がわかる遺伝子検査スタート
[09:00 5/28] ヘルスケア
【連載】鉄道トリビア 第356回 ひたちなか海浜鉄道は、総延長約2万1,000kmの路線の一部である
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、キービジュ&追加キャスト公開
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵』、追加キャストに立木文彦や谷山紀章ら
[07:30 5/28] ホビー

特別企画 PR