採用者の初出勤を成功させるための簡単な4つの方法

  [2016/03/15]

採用者の初出勤を成功させるための簡単な4つの方法

初出勤は、新入社員にとって緊張するもの。新入社員がチームに快く受け入れられるよう配慮することも人事部の大切な仕事です。人事コンサルタント会社Globoforceの調査によれば、職場に友人ができると、その職場を好きになる確率が47%上がるのだとか。

初出勤を成功させるために簡単にできる4つのことをご紹介します。

初出勤を金曜日にする

休み明けで忙しい月曜日ではなく、仕事が一段落する金曜日に初出勤をあてましょう。メンバーに心の余裕があるほうが新入社員を受け入れやすくなります。

人材や給与の管理サービスを提供するNamelyの創業者マット・ストラズ氏によれば、新入社員が初出勤する前に、社員全員が集まるパーティーやレクリエーションなどの行事で、先輩社員と新入社員がフランクに語り合える機会があると、新入社員の受け入れがうまくいきやすいといいます。日本では初出勤のあとに歓迎会をする習慣がありますが、入社前研修と先輩社員との懇親会を兼ねた行事を、初出勤の前に入れてみるのもよいでしょう。

バディシステムを導入する

働きはじめの新入社員は孤立しがち。そこで、各新入社員に1人ずつバディをつけましょう。バディは担当している新入社員の専任アドバイザー役。質問に答えたり、声掛けをしたりします。バディがつくことで、新入社員は、より早く会社に順応し仕事を覚えることができます。そして、チームの一員となったことを強く感じられるでしょう。

Googleが実施したアンケート調査では、北米にある企業258社のうち88%が、バディシステムのような形で知識の共有と共同作業を行うことがとても大切だと思うと答えています。また、それらの企業は従業員の倫理観や満足度が高いと感じています。

新入社員の恒例タスクをつくる

新入社員が最初に取り組むタスクを恒例化しましょう。例えば、新入社員に新人用マニュアルの作成や既存マニュアルの見直しを依頼してみてはいかがでしょうか。次に新入社員が入ってきたときに、どんなマニュアルがあったら便利なのか、最もよく分かるのは新入社員です。事務手続きの段取りや、備品の発注場所など、毎日の仕事の中で欠かせないことをマニュアル化しておけば、仕事を覚えている最中の社員にも便利ですし、次に新入社員が入ってきたときにも役立ちます。

すでにマニュアルがある場合は、変更すれば効率的になりそうなところを新入社員に指摘してもらうという方法も考えられます。前の職場で上手くいっていた段取りなどを教えてもらうこともできるでしょう。

また、オフィスの受付周辺を新入社員に見てもらうと、組織のなかにいる人では気がつかない改善点を見つけてくれます。たとえば、観葉植物が枯れていたり、ポスターなどの掲示物が多すぎたり曲がっていたりする。来客が通る場所から、営業の目標額や実績など、外部に知られないほうがよい数字が書かれたホワイトボードが見えてしまっているなど、毎日そこで働いていると意外と気がつかないことがあります。新入社員のフレッシュな視点で、来客の印象を良くするためのアドバイスをしてもらいましょう。

初出勤の新入社員に依頼する業務を探すのは、なかなか難しいことです。初日から雑用ばかりになってしまうのは避けたいもの。そんなときに、このような恒例タスクがあれば、チームも盛り上がり歓迎ムードになるでしょう。

チームメンバーに社内の案内をしてもらう

新入社員が入社すると、人事担当者が社内の案内をすることがありますが、できれば、チームのメンバーに案内してもらいましょう。どのコピー機の調子がいいかといった情報、近所にあるランチのおいしいお店や冷房が効きすぎる会議室のことなど、細かいことはチームメンバーのほうがよく知っています。

チームで会話がはずめば、初出勤の緊張もほぐれることでしょう。


本記事は「キャリア採用ラボ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

父の告白を聞いた有森也実は…『ファミリーヒストリー』
[05:15 5/26] エンタメ
[刑事7人]東山紀之主演の刑事ドラマが1年ぶり復活 7月から第2シリーズ放送へ
[05:00 5/26] エンタメ
東山紀之、『刑事7人』第2シリーズで要望「高いプロ意識で生きる男たちを」
[05:00 5/26] エンタメ
清野菜名×ディーン・フジオカのドラマ「はぴまり」原作イメージのビジュアル
[04:00 5/26] ホビー
[トリンドル玲奈]「カフェオーレ」新CMでくつろぎの表情
[04:00 5/26] エンタメ

特別企画 PR