岡崎のオーバーヘッド弾が決勝ゴール…首位レスター、ニューカッスル下し2連勝

 

ニューカッスル戦で決勝ゴールを挙げた岡崎慎司 [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第30節が14日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとニューカッスルが対戦した。

 首位を走るレスターは、すでに今節を終えた2位トッテナムが勝利したため、勝ち点差「2」に詰め寄られた。プレッシャーがかかるが、ホームゲームでなんとしても白星を挙げたいところだ。岡崎は10試合連続でスタメンに名を連ねている。一方、3連敗中で19位に沈むニューカッスルは、スティーヴ・マクラーレン監督の解任を決定。新指揮官にラファエル・ベニテス監督が就任し、初陣を迎えた。

 試合は25分にレスターのゴールで動く。右サイドで得たFKのこぼれ球をエリア外左のマーク・オルブライトンが拾い、右足でクロスを供給。ファーサイドのジェイミー・ヴァーディが頭で折り返し、中央の岡崎がオーバーヘッドで合わせると、これがゴール左に決まった。岡崎の今シーズン5点目で、レスターがリードを奪った。

 直後の28分にはカウンターを仕掛けると、オルブライトンがエリア外ゴール正面から右足で狙ったが、ここは枠を捉えられず、前半は1-0で折り返す。

 後半に入り追加点を狙うレスターは、65分に岡崎を下げてジェフ・シュルップを投入したが、なかなかチャンスを作ることができない。対するニューカッスルは、同点ゴールを目指して終盤に攻め込むシーンを作ったが、最後までゴールを割ることはできず、試合はこのままタイムアップを迎えた。

 勝ったレスターはこれで2連勝。2位トッテナムとの勝ち点差「5」をキープしている。一方、ニューカッスルはベニテス新監督の初陣を勝利で飾ることはできず、4連敗となった。なお、岡崎は65分まで出場し、1ゴールを記録した。

 次節、レスターは19日に敵地でクリスタル・パレスと、ニューカッスルは20日にホームでサンダーランドと対戦する。

【スコア】
レスター 1-0 ニューカッスル

【得点者】
1-0 25分 岡崎慎司(レスター)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

働く男性の7割が「夏の肌悩み」あり ‐ 洗顔とシェービングの正しい方法は?
[15:03 7/29] ヘルスケア
i☆Ris、13thシングル「Re:Call」座談会 - この4年間をそれぞれ一言で表すと「積み木・分岐・挑戦・自分・葛藤・芹澤優」
[15:00 7/29] ホビー
『ミニオンズ』新作短編、初の本編映像公開! やりたい放題でお尻もポロリ
[15:00 7/29] エンタメ
アナログ半導体業界再編 - ADIのLinear Technology買収を読み解く
[14:57 7/29] テクノロジー
[長谷川博己]得意満面でゴジラポーズ 竹野内豊が続くも石原さとみは拒否!?
[14:52 7/29] エンタメ