松井玲奈、連ドラ初主演作のためにお笑い研究「ナイツさんの漫才を見て」

 

元SKE48の松井玲奈が14日、都内で行われた連続ドラマ初主演作『神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎』(TBS:3月15日スタート/MBS:3月13日スタート)の合同取材会に出席した。

主人公の南雲凪を演じる松井玲奈

同ドラマは、神奈川県厚木市にある風変わりなサービスと設備のコインランドリーを舞台に、アルバイトの南雲凪(松井玲奈)とオーナー・茅ヶ崎(滝藤賢一)がワケありの客たちと送る何気ない日常を描いたコメディタッチの物語。監督・脚本は『荒川アンダー ザ ブリッジ』『REPLAY & DESTROY』の飯塚健が務める。

松井はコメディを演じることについて、「プライベートだとおもしろくない人間なので(笑)。どうしたらおもしろくなるのか、芸人さんの動画を研究した」と告白。監督からは「ナイツさんの漫才を見て」と言われたそうで、「このイメージなんだっていうのがわかりやすくて、自分なりに作品に盛り込むことができた」と明かした。

セリフの多さにも苦労したそうで、「覚えて、会話劇として成立させないといけない。そして、飯塚監督はカットを区切らず長く撮ることが多いので、舞台にも似たような緊張感があった」と説明。「共演者がベテランの方ばかりで、毎回の撮影が勉強になって楽しかった」と振り返り、滝藤の印象を聞かれると「お芝居の引き出しがものすごく多い方。自分が想像していたのと全然違う切り口でお芝居をされていたので、それに自分がどう合わせていくか、楽しい作業だった」と話した。

第1話の場面写真

そして、「モヤモヤを抱えた人たちがランドリーに来て、一緒に時間を過ごすことで少しでもプラスに持っていくというのが根底にある」とドラマの魅力を伝え、「作品に出てくるちょっとした一言で前向きな気持ちになってもらえたらうれしい」と期待。また、「何も考えずに大いに笑っていただけたら、それがエネルギーになるような作品」と伝えた。

今作では、SKE48卒業後初めての歌手活動として主題歌を松井本人が担当。姉妹ユイット「チャラン・ポ・ランタン」と結成したスペシャルユニット「松井玲奈とチャラン・ポ・ランタン」として、主題歌「シャボン」を歌っている。松井は「彼女たちの大ファンだったので、自分がその作品の中に一緒に入れてうれしかった」と感激。また、ミュージックビデオ(MV)は、松井演じる凪の過去がわかる"エピソード0"になっていると言い、「MVを見ると作品の見え方が変わってくると思う」と話した。

『神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎』(全4話)は、TBSで毎週火曜25:11~(第3、4話は25:28~)、MBSで毎週日曜24:50~放送。

(C)2016「ランドリー茅ヶ崎」の会員・MBS

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

アーク、AMD Radeon RX480を搭載するゲーミングPC3とBTOオプション追加
[15:53 6/30] パソコン
レオパレス21、全国の物件にAndroid TV対応STB「Life Stick」を標準設備
[15:46 6/30] 家電
「フラット35」利用者の平均年齢は39.8歳に - 5年ぶり低下
[15:35 6/30] マネー
ボンバルディア、Cシリーズ初号機をスイスインターナショナルに納入
[15:33 6/30] 趣味
NEC、導電性と吸着性をもつ新規ナノ炭素材料「カーボンナノブラシ」を発見
[15:31 6/30] テクノロジー

本音ランキング