大阪で行われた『あさが来た』打ち上げ、波瑠は7時間参加

  [2016/03/14]

s-asagakita0314

3月中旬の夕方、大阪市内のホテル『N』の大宴会場に集まってきた、晴れやかな表情の人々。笑顔の理由はというと、NHK朝ドラ『あさが来た』の打ち上げが開催されていたからだった。

「朝ドラの平均視聴率は、'01年以降では『さくら』の23.3%が最高。『あさが来た』は2月末までの時点で23.4%。順調にいけば、ここ15年で最大のヒットとなりそうです」(テレビ誌ライター)

その立役者でもあるヒロインの波瑠は、ほかの参加者に写真を求められると笑顔で対応し、一緒にパシャリ。女性参加者をメロメロにしていたのは、夫役の玉木宏。

「白のTシャツに黒のジャケット&パンツで、パーティー仕様。ロビーを颯爽と歩いていました。彼に話しかけた女性のテンションは上がりっぱなしでした」(参加者)

ほかにも、瀬戸康史やジャニーズWEST・桐山照史、友近、辰巳琢郎といった面々が参加。友近は『演歌歌手・水谷千重子』としてもゲスト(?)参加。そして気になるのはあの人、お茶の間に“五代ロス”をもたらしたディーン・フジオカだが……。

「残念ながら、欠席だったよう。あと、宮崎あおいさんや柄本佑さんの姿も見ませんでした」(前出・参加者)

主な出演者がスピーチして盛り上がり、会は2時間ほどでおひらきに。一行は難波駅近くのダーツバーに移動して、2次会がスタート。3時間ほど行われ、友近と辰巳はここで帰宅となった。さらに、3次会は近くのカラオケ店へ。

「移動中、繁華街で目につきやすいからか、波瑠さんは黒い帽子を深くかぶって、顔にはマスクを着用。“完全防備”でしたよ」(前出・参加者)

日付の変わった深夜1時半ごろ、波瑠がスタッフ数名とタクシーに乗り込んだところで、7時間にわたった打ち上げが終了した。ところで、終了といえば、最終回の内容は完全に秘密にされている。

「いつもは最終収録が報道陣に公開されるのですが、今回は非公開だったんです。なんでも、最後に大展開があるのだとか」(NHK局関係者)


本記事は「週刊女性PRIME」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】人とくるまのテクノロジー展 2016 横浜 - ホンダ、新型FCVや電動スーパーカブを展示
[14:13 5/25] テクノロジー
日本、2020年から小学校でプログラミングを必修化へ
[14:12 5/25] 企業IT
健診データで心筋梗塞、脳梗塞リスクを予測 がん研究センターが簡易システム開発
[14:07 5/25] テクノロジー
DTI、iPhone 6sが月額3,600円でレンタルできる新サービス
[13:45 5/25] 携帯
ゼノンに保谷伸読み切り&「ちるらん」スピンオフ、ヤス・いがわうみこの酒企画
[13:45 5/25] ホビー

本音ランキング

特別企画 PR