[もしもし、てるみです。]「花のズボラ飯」作画担当がスピリッツで新連載

  [2016/03/14]

水沢悦子さんの新作マンガ「もしもし、てるみです。」のイラスト

 テレビドラマ化もされたマンガ「花のズボラ飯」の作画担当・水沢悦子さんの新作「もしもし、てるみです。」の連載が、14日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)16号でスタートした。巻頭と巻末の両方にカラーページで掲載されている。

 「もしもし、てるみです。」は、「トモッター」や「ニャイン」などのコミュニケーションツールが使える携帯電話「ミライフォン」が全盛の時代、それらとは一線を画するアナログな電話を扱う店「もしもし堂」の女性社員でネット嫌いのてるみさんを主人公にした物語。「ネット依存の現代を貫く、強烈な風刺ギャグ……なわけないか。」というキャッチフレーズが添えられている。

 次号も巻末カラーで掲載される予定。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ヤマハ、エントリー機ながらDolby AtmoやDTS:Xに対応するAVレシーバー
[21:59 5/24] 家電
[清水富美加]「HK/変態仮面アブノーマル・クライシス」ヒロインの魅力は「清純という名のエロス」
[21:44 5/24] エンタメ
安野モヨコ「鼻下長紳士回顧録」イメージした女性服が伊勢丹に
[21:31 5/24] ホビー
新たな完全ワイヤレスイヤホン「Aria One」 - e☆イヤホンで先行販売
[21:09 5/24] 家電
ジョニデ、アン・ハサウェイ『アリス・イン・ワンダーランド』USプレミア登場
[21:03 5/24] エンタメ

本音ランキング

特別企画 PR