GIGABYTE、同社製Z170マザーボードを使ったOC大会をHWBOT.orgで開催

 

GIGABYTEはこのほど、同社製マザーボードを使用したオンラインでのオーバークロック大会「Z170 March OC Madness Competition」をHWBOT.orgにて開催すると発表した。開催期間は2016年3月12日から4月9日まで。

「Z170 March OC Madness Competition」は、第6世代Intel Coreプロセッサを使った2カテゴリー/3ステージ構成の大会。Intel Z170を搭載したGIGABYTE製マザーボードを含む、使用した機材の写真とベンチマーク結果のスクリーンショットの提出などがルールで定められている。

各カテゴリーの優勝者には500米ドルを賞金として贈るほか、参加するカテゴリーの全ステージでスコアを提出した参加者の中から、抽選でIntel Z170搭載のゲーミングマザーボード「GA-Z170X-Gaming 3」をプレゼントする。

各カテゴリーとステージの詳細は以下の通り。大会の詳細についてはHWBOT.orgを参照してほしい。

カテゴリー1:Enthusiast, Rookie and Novice Overclockers

  • ステージ1: XTU - CPU周波数最大4.5GHz(提出期間:3月12日から3月24日)
  • ステージ2: HWBOT x265 1080p - 制限なし(提出期間:3月24日から3月31日)
  • ステージ3: SPI 32M - CPU周波数最大4.0GHz(提出期間:3月31日から4月9日)

カテゴリー2:Elite and Extreme Overclockers

  • ステージ1: XTU - CPU周波数最大5.0GHz(提出期間:3月12日から3月24日)
  • ステージ2: Maxxmem Read Bandwidth - 制限なし(提出期間:3月24日から3月31日)
  • ステージ3: Geekbench Single Core - 制限なし(提出期間:3月31日から4月9日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

KDDI、VoLTE対応の「かんたんケータイ」30日発売 - 32,400円
[21:32 7/28] スマホとデジタル家電
岡田准一、丸眼鏡かけ船上で凛とした表情! 『海賊とよばれた男』初映像公開
[21:30 7/28] エンタメ
楽天、世界のビジネスを要約するgetAbstractへ出資
[21:13 7/28] 企業IT
[松田翔太]オダギリジョーと蒼井優の“人見知り”にボヤキ 「全然しゃべってくれない…」
[20:56 7/28] エンタメ
日本HP、バッテリ駆動で最大500枚まで印刷できるA4インクジェット複合機
[20:54 7/28] パソコン