キヤノン、エントリー向けの「EOS Kiss X80」 - Wi-FiとNFCでスマホ連携

 

キヤノンは3月14日、初心者向けのデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X80」を発表した。4月14日の発売を予定しており、価格はオープン。キヤノンオンラインショップの販売価格は、ボディのみが45,800円、18-55 IIレンズキットが54,800円 (ともに税別)。

EOS Kiss X80 (EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIを装着)

EOS Kiss X80は、2014年3月に発売された「EOS Kiss X70」の後継機種。新たにWi-FiとNFC機能を搭載し、撮影データの転送やリモート撮影など、スマートフォンとの連携が可能となった。APS-CサイズのCMOSセンサーは有効約1,800万画素で、X70から変わらず。画像処理エンジンはDIGIC 4+に進化した。また、背面の3型液晶モニターの解像度を約92万ドットに精細化した。

X70と同様に、感度は常用ISO100~6400、拡張でISO12800に対応。連写性能は最高約3.0コマ/秒。ファインダー視野率は95%。9点中央クロスのAFポイントを備えている。撮影機能としては、初心者にも扱いやすい「シーンインテリジェントオート」や「表現セレクト」を用意。フルHD解像度の動画撮影も可能となっている。

本体サイズはW129.0×H101.3×D77.6mm。重さは約485g (バッテリーとSDカード含む)。バッテリーはLP-E10を使用し、撮影可能枚数はファインダー撮影時で約500枚、液晶モニターを使ったライブビュー撮影時で約180枚。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

柴田英嗣、元妻&ファンキー加藤娘の健診に立会い宣言 "加藤違い"で狩野焦る
[00:12 7/30] エンタメ
ウレタン製の柔らかVRゴーグル「Merge VR」、ツクモ限定で30日から販売開始!
[00:00 7/30] パソコン
[シン・ゴジラ]日本政府対ゴジラの攻防 日本映画のスケールを超えた壮大で緻密な作品
[23:59 7/29] エンタメ
「機械仕掛けの愛」4巻発売、娘の結婚式に参列するAIのエピソード公開
[23:34 7/29] ホビー
声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」発売記念特番でMVを公開
[23:30 7/29] ホビー