18イン/8アウトのThunderboltオーディオIF「Focusrite Clarett 4Pre」発売

 

ハイ・リゾリューションは、Focusrite社製Thunderboltオーディオインタフェース「Clarett 4Pre」を発売する。発売時期は3月中旬。価格はオープンプライス。

Focusrite 「Clarett 4Pre」は、小型ながら多彩な入出力と、プロクオリティーの高品位マイクプリアンプを装備したThunderbolt対応オーディオインタフェースだ

同製品では、最新のThundeboltテクノロジーを採用し、非常に低いレーテンシーを実現。気になるディレイに妨害されることなく、モニタリングやソフトウェアを操作することが可能となっているという。

また、同社を代表するISAマイクプリアンプのインピーダンスとトランスフォーマーを基に開発された4基の高品位Clarettプリアンプ、およびAIR機能を搭載。さらに、4つのLINEアウトプット、2つのヘッドホンアウトプット、オプティカルインプット、SPDIFインプット/アウトプット、MIDIインプット/アウトプットなど、ボディーサイズを超えた豊富な入出力を備える。

なお、同製品には最新のソフトウェアミキサー「Focusrite Control」をはじめ、「Softube Time and Tone Bundle」(TSAR-1R Reverb, Tube Delay, Saturation Knob)、Focusrite 伝統の Red EQ / コンプレッサーを正確にモデリングした「Red 2 & Red 3 Plug-Plug-in Suite」(AAX/AU/VST対応)などが付属する。

人気記事

一覧

新着記事

【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス
株式投資額は「年間100~500万円」が最多 - FXは?
[09:28 7/26] マネー