[上戸彩]ディズニー最新作「ズートピア」日本版で主人公のウサギ役に

  [2016/03/14]

「ズートピア」でウサギのジュディ役を演じる上戸彩さん(左下)と同僚のクロウハウザー役を演じるサバンナの高橋茂雄さん(右下)(C)2016 Disney.All Rights Reserved./Disney.jp/Zootopia

 女優の上戸彩さんが、ディズニーの劇場版アニメ最新作「ズートピア」(バイロン・ハワード監督、リッチ・ムーア監督)の日本版で主人公のウサギ、ジュディの声優を担当することが14日、明らかになった。上戸さんは「正直に、(オファーを)即決でした。うれしかったです。ディズニーってどの作品も皆さんの中で特別な思い出になりますよね。みなさんの記憶・心の中に残る作品の声優を担当させていただけるということは本当にうれしかったです。いつか家族に自慢できるお仕事ができたらいいなと常に思っているので、ジュディはまさにそうじゃないかなと思います」と感激のコメントを寄せている。また、ジュディの同僚のチーター、クロウハウザー役をお笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄さんが担当することも明らかになった。

 ウサギのジュディは、人間社会の縮図のような世界“ズートピア”で幼いころから夢見ていた警察官になるために奮闘するキャラクター。ジュディの真っすぐな正義感と行動力、自然に周囲を元気にする底抜けの明るさや仲間に信頼されるキャラクターがぴったりだとして上戸さんが起用された。

 また、同僚のクロウハウザー役でディズニー作品に初挑戦する高橋さんは「小さいころからディズニー映画を観ていたので、まさかその世界に自分の声が入る、ということが本当にうれしかったです。同時にディズニーの仕事をしている、という優越感も感じています(笑い)。僕が演じるクロウハウザーは愛嬌(あいきょう)たっぷりの可愛いキャラクターなので、ぜひみんなに愛されるようにしたいです」と意気込みを語っている。

 このほか、詐欺師のキツネ、ニック役を森川智之さん、ズートピア市長のライオンハート役を玄田哲章さん、ズートピア警察署長のスイギュウ、ボゴ役を三宅健太さん、ヒツジのベルウェザー副市長役を竹内順子さんが演じる。

 「ズートピア」は動物たちが人間のようにハイテクな文明社会で暮らす世界“ズートピア”を描いた作品。大都会に思いをはせるウサギのジュディ・ホップスは、警察官になりたいという夢を抱いており、やがて努力の末、ズートピア初のウサギの警察官になる。だが、ズートピアを揺るがす史上最大の事件が起こり……という内容。4月23日公開。

 


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】エンジンがついに咆えた! 韓国・新型ロケット「KSLV-II」の開発が正念場に
[10:30 5/25] テクノロジー
伊勢志摩サミット、中部空港に到着する各国首脳をMIRAIとMRJがおもてなし
[10:10 5/25] 趣味
日本ボールドウィンがMSのERPを導入 - データの一元管理を実現
[10:00 5/25] 企業IT
【コラム】どこでもサイエンス 第77回 増やせばワカルDNA - 「PCR」のお話
[10:00 5/25] テクノロジー
ピュア・ストレージ、オールフラッシュファイルストレージを発表
[09:57 5/25] 企業IT

本音ランキング

特別企画 PR