第21回全日本フットサル選手権大会・・・5-3で名古屋を下した町田が初優勝

 

初優勝を喜ぶペスカドーラ町田 [写真]=河合拓

 13日、東京・国立代々木競技場第一体育館で第21回全日本フットサル選手権大会決勝が行われ、5-3で名古屋オーシャンズを下したペスカドーラ町田が大会初優勝を飾った。

 序盤から激しい攻防戦が繰り広げられた決勝戦。まず試合を動かしたのは町田だった。FP滝田学のCKにFP横江怜が合わせて先制する。3試合連続で先制を奪われた名古屋がFPシンビーニャの2得点で逆転すると、得点の奪い合いとなり3-3で前半を折り返す。両者とも追加点を狙う中、町田がFP森谷優太のアシストからFP金山友紀、FPボラと得点を重ね、名古屋のパワープレーをしのいで5-3で勝利。初優勝を遂げた。

 大会MVPを獲得した町田の金山は、「(W杯出場を逃した)先日のフットサル日本代表の試合から初めての、フットサル界にとっての大きな舞台という位置づけで自分に何ができるのかという思いが強かった。気持ちのこもったプレーを最初から最後までやり、フットサルはおもしろいと1人でも多くの人に感じてほしいという気持ちで臨みました」と話し、「(伝えられたかは)それぞれに価値観があるので難しいですが、フットサルという競技に懸けて戦っているという思いは出し尽くしました。戦術など細かい部分は名古屋に勝つためには犠牲にしないといけないものもありましたが、3日間戦い抜いたチーム、チームメートを誇りに思います」と語った。

 また決勝戦の前に行われた3位決定戦では、現役最後の出場となったFP三木一将が先制点を挙げたバルドラール浦安が3-2で府中アスレティックFCを下し、3位で今大会を終えている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

東武鉄道「日光詣スペーシア」ラッピングの台鉄自強号、台湾で10/3運行開始
[20:58 9/29] ホビー
『とと姉ちゃん』常子役の高畑充希「"常"という漢字は今、見たくない」
[20:32 9/29] エンタメ
iOS 10のコントロールセンターをもっと"深く"使う方法を紹介
[20:29 9/29] スマホとデジタル家電
アリーナツアーで2度目の日本武道館凱旋ライブ達成 - 「Kalafina Arena LIVE 2016」で3人のヴォーカリストが伝えたメッセージ
[20:23 9/29] ホビー
オリンパス、スイッチをスライドするだけで録音開始するICレコーダー
[20:17 9/29] スマホとデジタル家電