輝く広島の背番号「63」 ドラ5西川、あるぞ開幕一軍!

 

社会人・王子を経てドラフト5位で入団した広島の西川龍馬

◆ 丸と田中も背負った出世番号

 広島のドラフト5位ルーキー・西川龍馬内野手が13日、DeNAとのオープン戦(福山)で2戦連続ヒットをマークした。

 西川は「9番・三塁」で久々に先発出場。DeNA先発・モスコーソと対戦した3回は右飛に倒れたが、2番手・平田と対戦した6回の第2打席では、先頭打者として巧みなバットコントロールを披露し、右安でチャンスメイクした。

 その後、2番安部の適時二塁打で生還し得点をマーク。8回の第3打席は空振り三振に倒れたが、貴重なアピール打がチームの逆転勝利につながった。

 12日の試合も途中出場ながら、9回に先頭打者として中安を放ち、チームのサヨナラ勝ちに貢献。オープン戦に入りスタメン機会こそ減ったが、その中で11打数4安打、打率.364と地道に結果を残している。

 高校は福井の名門・敦賀気比出身で、当時から“東出二世”と呼ばれていた逸材。社会人・王子を経てのプロ入りだが、大学を経由していないため、鈴木誠也、美間優槻らと同じ21歳だ。

 背番号は丸佳浩(08~13年)、田中広輔(14~15年)と受け継がれてきた、広島が誇る出世番号「63」。その期待に早くも応える形で、1年目のキャンプからアピールを続けている。

 一塁を除く内野陣は、菊池涼介、ルナ、田中のレギュラー組に加え、実績のある梵英心、小窪哲也の中堅組。さらに今キャンプでは安部友裕、庄司隼人と西川と同タイプの選手も元気で、一軍入りをかけた熱いバトルが行われている。

 それでも、結果を出した者が生き残るのがプロの世界。今後の実戦でもアピールし、開幕一軍メンバー入りを果たせるか注目だ。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[新木優子]森絵梨佳&太田莉菜&久松郁実と赤裸々女子トーク
[19:21 6/25] エンタメ
[木村佳乃]流行の全身白コーデ 黒木瞳&吉田羊もワンピ姿に
[19:11 6/25] エンタメ
【インタビュー】「おおおおおおーーーーーーッ!!」の叫びに込められたバイクの魅力 - 上田麗奈・山口立花子が『ばくおん!!』への想いを語る
[19:00 6/25] ホビー
[昼のセント酒]癒しの銭湯&酒肴ドラマがきょう最終回 戸次重幸の“美裸体”も見納め!
[18:52 6/25] エンタメ
[黒木瞳]初監督作公開に瞳潤ませ「感無量」 撮影では「帰りたいと思ったことも」
[18:46 6/25] エンタメ